「人生は後悔するもの」役者をやめるか悩む30歳女性に、鴻上尚史が伝えた本当の才能 (1/4) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「人生は後悔するもの」役者をやめるか悩む30歳女性に、鴻上尚史が伝えた本当の才能

連載「鴻上尚史のほがらか人生相談~息苦しい『世間』を楽に生きる処方箋」

このエントリーをはてなブックマークに追加
dot.#鴻上尚史

 鴻上尚史の人生相談。レッスンや芝居の勉強に投資を続けてきたが、これ以上役者の道を続けるべきか悩む30歳女性。「鴻上さん、あなたならどんな言葉をかけてくれますか?」と問う相談者に鴻上尚史が示した俳優を続けるために必要な、ある才能とは?

【相談40】役者の道を諦めて他の道に進むかどうか悩んでいます(30歳 女性 あい)

 鴻上さん、こんにちは。私は役者の道を諦めて他の道に進むべきか悩んでいる30歳です。

 今まで、沢山レッスンや芝居のお勉強へ投資をしてきました。時間も使ってきました。

 名の知れている事務所や劇団に入れても、オーディションでは中間審査などで弾かれたり、履歴書に堂々と書ける経歴は殆どありません。

 経験を積むためにニューヨークでミュージカルの勉強もしてきました。それでも大きな実績を作れませんでした。

自分がこれまで受けた膨大なレッスンから受け取ったものや自分の才能を信じて今までやってきました。

 でも30歳で大した実績もなく、特別美人でもない私はもう、堅気としてもスタートが遅すぎるでしょう。(先日受けた就職面接で「どこでも相手にされなかった貴女がどこにいってもやっていけるわけがない」と言われました)

「今やめると今までの努力や才能がもったいない」と言う人もいれば、「夢見てる時間がもったいないからちゃんと仕事した方がいい」と言ってくれる人、どちらもいます。

 鴻上さん、あなたなら私にどんな言葉をかけてくださるのか知りたいです。宜しくお願い致します。

【鴻上さんの答え】
 あいさん。悩んでいますね。『ほがらか人生相談』では、以前、俳優志望の息子に対するアドバイスを親御さんから求められたことがありました。

 あいさんの相談は、俳優を目指した人がその後にぶつかる問題だと思います。

 まず、はっきり言って、将来に対して不安じゃない俳優なんていないと思います。

 どんなに売れていても、です。周りから、あの人は売れて、俳優業でちゃんと生活できていると思われていても、「いつまで、この仕事は続くんだろう」と一瞬でも不安にならない人はいないでしょう。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい