吉本「加藤の乱」新契約 若手が「絵に描いた餅」と大ブーイング

藤原三星dot.
 お笑い帝国・吉本興業を根幹から揺るがす大騒動へと発展した闇営業問題。8月19日には2700(八十島宏行、常道裕史)、スリムクラブ(真栄田賢、内間政成)、くまだまさし、ムーディ勝山、ストロベリー・ディエゴら5組7人の謹慎芸人たちが続々と舞台に復帰し、闇営業ネタで笑いを取る一幕も観られた。

【写真】こちらも残留宣言をしたロンブー田村淳

 翌20日に放送された「スッキリ」でMCを務める加藤浩次(50)はこれを受け、「こういうとき、舞台のお客さんって温かいよね。ありがたい」とコメント。一時は「今の社長、会長の体制が続くなら吉本興業をやめる」と啖呵を切り、“加藤の乱”とも言われていたが、あれから一転、後輩芸人たちの復帰を心から喜び、祝福した。

 すでに同番組内で「吉本残留」を宣言した加藤だが、今回の闇騒動問題はこれで幕引きとなるのだろうか? 吉本問題を取材している週刊誌記者は次のように語る。

「加藤さんは大崎会長と直接話し合って専属エージェント契約を提案。その条件を飲ませることで、残留を宣言しました。専属エージェント契約を締結すれば、自分がとってきた仕事を直接することができ、吉本に莫大なマネジメント料を払う必要がなくなると言われています。この契約内容もまだ調整中とのことなので最終決定ではないのですが、簡単に言うと直営業を合法化することができるというものです。平日の帯番組のMCを13年も務め、吉本の稼ぎ頭のひとりになった加藤さんをさすがに無下にするわけにもいかず、また松本人志さんが加藤さんの提案を後押ししたため、大崎会長はこの条件を飲むしかなかったのでしょう。また、加藤さんだけでなく、松本さんや千原ジュニアさんもワイドショーにレギュラー出演しているため、今の吉本が彼らの口を封じるのは至難の業。謹慎芸人の復帰も同様で、とにかく吉本は今、事態の収束に躍起になっています」

 吉本興業は今後、6000人もの所属タレント全員と共同確認書を取り交わすことも発表しているが、その契約をベースに、従来の専属マネジメント契約か専属エージェント契約を芸人が選ぶということになるというのがもっぱらの見方だ。

「専属エージェント契約なんて選べるのは売れている一握りの芸人だけでしょう。まず、エージェント契約を結べば、自費で代理人を雇う必要があり、若手にはそんなカネがあるわけない。つまり、エージェント契約を結べば、代理人などの支払いを勘案して今まで以上のギャラをもらう必要が出てきます。まず、この時点でエージェント契約を結べる芸人はかなり限られてきます。一方で、吉本はテレビの番組制作も数多くしていますから、そうした番組でギャラが高い芸人より安い芸人を使うのは当然でしょう。吉本のマネジャー陣も、従来のマネジメント契約を選んだ芸人の売り込みを中心にやるのは当然なわけですから、加藤さんが提案したこの新契約は若手芸人にとってはなんら機能しない、という可能性もあるわけです」(前出の週刊誌記者)

続きを読む

次ページ>

厳しい中堅以下の芸人たち

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック