スカウトも注目の強打者・履正社の井上は指名濃厚…夏の甲子園「ドラフト候補」診断【外野手編】

西尾典文dot.#甲子園
 履正社(大阪)の初優勝で幕を閉じた夏の甲子園。佐々木朗希を擁する大船渡が岩手大会の決勝で敗れ、ドラフト候補的には本命不在との声も聞かれたが、それでも高いパフォーマンスを発揮した選手は少なくなかった。ここではそんな選手たちをプロ球団のスカウト的な観点で評価、分析した。なお、取り上げた選手の中には既に進学が有力視されている選手も含まれているが、あくまでプロ志望だったことを前提として評価している。

 投手編捕手・内野手編に続いて、今回は外野手編をお届けする。

評価A:プロ志望なら上位指名濃厚
評価B:プロ志望なら指名濃厚
評価C:プロ志望なら指名の可能性あり
おすすめ球団:どの球団の補強ポイントに当てはまるか

■丸山蓮(鶴岡東)
ポジション:外野手
身長体重・投打:183cm 80kg 右投右打
評価:C
おすすめ球団:西武
山形大会では背番号1だったが甲子園では強打を生かして野手に専念。3試合で11打数6安打をマークし、2回戦の習志野戦では2打席連続ホームランを放った。タイミングをとる動きの大きさは気になるが、全身を使ったフルスイングは迫力十分。プレースタイル的にも補強ポイント的にも西武がマッチしそうな選手だ。

■野村健太(山梨学院)
ポジション:外野手
身長体重・投打:180cm 88kg 右投右打
評価:C
おすすめ球団:ソフトバンク
過去2回出場した甲子園で3本塁打を放ったスラッガー。今大会は会心の当たりはなく初戦で敗れたものの、3安打を記録して存在感を示した。体の割れが不十分で崩されやすいのは課題だが、遠くへ飛ばす力は魅力。大学進学という噂だが、若手のスラッガータイプを育成したいソフトバンクは狙っても面白いだろう。

■齋藤來音(静岡)
ポジション:外野手
身長体重・投打:180cm 77kg 右投左打
評価:C
おすすめ球団:ヤクルト
東海地区を代表するスピードが魅力の外野手。静岡大会では不振だったが、甲子園では前佑囲斗(津田学園)から2安打を放ち復調をアピールした。バットコントロールの良さと加速の良いランニングは高校球界でもトップクラス。若手でスピードのある野手が少ないヤクルトは狙っても面白いだろう。

続きを読む

次ページ>

履正社・井上を指名すべき球団は?

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック