巨人、阪神にオススメな実力者も 夏の甲子園「ドラフト候補」診断【捕手・内野手編】 (2/3) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

巨人、阪神にオススメな実力者も 夏の甲子園「ドラフト候補」診断【捕手・内野手編】

このエントリーをはてなブックマークに追加
西尾典文dot.#甲子園
近江・有馬諒 (c)朝日新聞社

近江・有馬諒 (c)朝日新聞社

■黒川史陽(智弁和歌山)
ポジション:二塁手
身長体重・投打:182cm 80kg 右投左打
評価:C
おすすめ球団:ソフトバンク
今大会は3試合で1安打と結果こそ出なかったが、春に比べて打撃の形が改善されていたのがプラス要因。以前よりタイミングをとる動きが小さくなり、それでいて力感も申し分なく長打が出そうな雰囲気は十分だった。大柄だがセカンドの守備も安定している。将来の中軸候補がほしいソフトバンクは補強ポイントに当てはまるだろう。

■韮沢雄也(花咲徳栄)
ポジション:遊撃手
身長体重・投打:177cm 80kg 右投左打
評価:C
おすすめ球団:DeNA
自身3年連続の夏の甲子園で初の初戦敗退となったが、中森俊介(明石商)から1安打を放ち存在感を示した。スイングに悪い癖がなく、広角に打ち分ける打撃は出色。ショートの守備も安定感がある。高卒の若手内野手が不足しているDeNAは候補として挙げておきたい選手だ。

■坂下翔馬(智弁学園)
ポジション:遊撃手
身長体重・投打:165cm 67kg 右投左打
評価:C
おすすめ球団:巨人
初戦で敗れたものの痛烈に引っ張る2安打を放ち、その強打をいかんなく発揮した。上背のなさを全く感じさせない強いスイングで、打球の速さも超高校級。ショートの守備の軽快さも目立つ。大学進学との報道が出ているが仮にプロ志望だとすれば、打てるセカンド候補として巨人が狙いたい選手だ。

■西川晋太郎(智弁和歌山)
ポジション:遊撃手
身長体重・投打:168cm 68kg 右投右打
評価:C
おすすめ球団:ヤクルト
東妻、黒川とともに5季連続の甲子園出場となったが、見る度に安定感、スピードが増すショートの守備は高校球界屈指。小柄でも球際に強く、スローイングの強さも申し分ない。打撃もシュアでしぶとさがあるのが持ち味だ。右打ちの若手内野手が少なく、守備から大選手になった宮本慎也ヘッドコーチのいるヤクルトなどは狙っても面白いだろう。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい