中学受験で英語入試が主流化 2020年教育改革で現場はこうなる

2019/08/19 16:00

 大学入試改革、小学校3年生からの英語必修化など、2020年度は教育が大きく変わる。現場の学校や受験はどんな影響を受けるのか。私立小学校、中学受験、大学受験の3つの視点から、専門家に予測を聞いた。「AERA English 特別号 英語に強くなる小学校選び2020」(朝日新聞出版)からお届けする。

あわせて読みたい

  • 小6の12月からでも私立中学は目指せる? 進学塾に通っていなくても合格が狙える入試とは

    小6の12月からでも私立中学は目指せる? 進学塾に通っていなくても合格が狙える入試とは

    dot.

    12/14

    「エスカレーター式進学」はもう古い!? 全国私立小学校の独自調査でわかった傾向とは?

    「エスカレーター式進学」はもう古い!? 全国私立小学校の独自調査でわかった傾向とは?

    dot.

    8/6

  • 受かる子の共通点は? 費用は150万?「お受験」をめぐる近年の傾向

    受かる子の共通点は? 費用は150万?「お受験」をめぐる近年の傾向

    dot.

    9/22

    「私立小学校=富裕層の学校」という時代は終わった? 変化する私立小のいま

    「私立小学校=富裕層の学校」という時代は終わった? 変化する私立小のいま

    dot.

    9/20

  • 独自調査で判明! 私立小学校200校「内部進学率」「学費の平均」は?

    独自調査で判明! 私立小学校200校「内部進学率」「学費の平均」は?

    dot.

    8/19

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す