「父と日本語で話したことは一度もない」 二人三脚でサッカー選手を目指す日本人親子

2019/08/19 11:30

 アルゼンチン留学から帰国したばかりの高橋新太郎くん(13)は、日本語、英語、スペイン語、イタリア語を話します。生まれた時から英語で話しかけられた新太郎くんがマルチリンガルになったのは、プロサッカー選手への夢が理由でした。「AERA English 特別号 英語に強くなる小学校選び2020」(朝日新聞出版)からお届けします。

あわせて読みたい

  • 12歳でサマンサタバサとデザイナー契約した女の子 7カ国語を習得したコツは? 

    12歳でサマンサタバサとデザイナー契約した女の子 7カ国語を習得したコツは? 

    dot.

    8/12

    錦織圭選手、BTS、マララさん… 有名決めフレーズから英語を楽しく学ぶ

    錦織圭選手、BTS、マララさん… 有名決めフレーズから英語を楽しく学ぶ

    AERA

    3/25

  • 飲み会にも通訳が同伴 海外で薄れる英語の「絶対性」

    飲み会にも通訳が同伴 海外で薄れる英語の「絶対性」

    AERA

    12/5

    大谷翔平は今や米国でも“球界の顔”に 公の場で英語を話すべきなのか

    大谷翔平は今や米国でも“球界の顔”に 公の場で英語を話すべきなのか

    dot.

    8/20

  • “ド”がオレンジに見える…共感覚と絶対音感を持つ歌姫、サラ・オレイン

    “ド”がオレンジに見える…共感覚と絶対音感を持つ歌姫、サラ・オレイン

    週刊朝日

    2/14

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す