宮迫&亮緊急会見【全文(3)】「引退は考えていない」(宮迫) (3/3) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

宮迫&亮緊急会見【全文(3)】「引退は考えていない」(宮迫)

このエントリーをはてなブックマークに追加
dot.
だひたび言葉に詰まる会見での宮迫(撮影/今村拓馬)

だひたび言葉に詰まる会見での宮迫(撮影/今村拓馬)

――反社会的勢力とのつながりはない? 反社会的勢力だということも知らなかった?

宮迫:ないです。まったく知らなかった。入れ墨も一瞬だったので気づきませんでした。

――5年前に100万円を受け取ったことを覚えていないとのこと。大金なのに忘れていたというのは、このようなことが度々あったということでないのか?

宮迫:(自分の)金銭感覚の認識がおかしいんだと思いますが。当時は、今もそうですが後輩をたくさん集めて忘年会など自分主導の催しが好きで、その時にカードが使えない店にいくことも多々あったので、それ相応のお金を財布に入れておくこともあった。「お釣りをもらった」というのも、泥酔していてお釣りが財布に入って増えたのか、減ったのかというのも気づいていませんでした。いつも何十人といるので、帰れないやつには「タクシー代持ってけ」というようなことをやっていたので、そこの金銭感覚の無頓着さは恥ずべきことではありますが、覚えていません。申し訳ありません。

――吉本興業から、会見もダメ、引退もダメと言われ、なぜなのかを理由を会社に聞いたと思う。会社側の答えはなんだったのか?

宮迫:弁護士に「会見の成功はない」と。「ほぼ失敗だ、それを分かって言っているのか、傷口を広げるだけだと言う事が分かって言っているのか」と言われました。引退については岡本社長からは、こんなことでは引退させられないという意味だったと僕は認識しています。

宮迫&亮緊急会見【全文(4)】に続く

(AERA dot.取材班)


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい