「芸能人ゴマキ」葛藤の20年 「普通のヤンキー後藤真希」はどこへ行く (1/4) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「芸能人ゴマキ」葛藤の20年 「普通のヤンキー後藤真希」はどこへ行く

このエントリーをはてなブックマークに追加
宝泉薫dot.
2007年、北京で歌う後藤真希 (c)朝日新聞社

2007年、北京で歌う後藤真希 (c)朝日新聞社

 7月10日放送の「梅沢富美男のズバッと聞きます!」は「モー娘。同窓会SP」だった。そのなかで矢口真里がちょうど20年前の出来事をこう振り返った。

【写真】「蓮舫センセイそっくり」!? 元モー娘。市井紗耶香の現在

「次の曲が売れなかったら、ちょっとやばいねっていうのをマネージャーさんから言われてて。もう、やばいね、イコール、解散なんですよ。で、次に出したのが『LOVEマシーン』っていう曲だったんで。後藤(真希)も入ってきて、うちらは救世主だねって言ってて。逆に、すっごい可愛い子、来たからラッキー!って」

 結成から2年弱を経て、岐路に立たされていたモーニング娘。に当時13歳(中2)のゴマキこと後藤真希が加入。彼女がセンターを務めた「LOVEマシーン」の国民的大ヒットにより、モー娘。の黄金時代が始まったことへの回想である。

 MCからは「自分のポジションが奪われるという思いはなかったのか?」という質問も飛んだが、

「なっちはもしかしたら思ったかもしれない、それまでセンターだったから。うちらサイド側は全然もう」

 と答えた。こうしたやりとりから、当時のことをまざまざと思い出す人も多いだろう。それくらい、ゴマキの出現は衝撃的だったのだ。

■結婚、離婚、不倫、損害賠償……

 それから20年、彼女は依然として注目を浴びている。14年に3歳下の地元の後輩と結婚して、2児をもうけていたが、今年3月、元恋人との不倫が発覚。その後、夫が元恋人に損害賠償を請求したり、元恋人が夫からゴマキへのDVを主張したりと、ドロドロの展開になった。それでも、6月に和解が成立。今月に入ると、4ヶ月ぶりにインスタグラムを再開して、それもニュースとしてとりあげられた。

 とはいえ、救世主とまで呼ばれた20年前に比べると、失速感は否めない。浮き沈みは芸能界の常とはいえ、安室奈美恵のように20年以上、トップに君臨し続けた人もいるのだ。ゴマキはなぜ、そうなれなかったのだろう。その理由を考えるうえで浮かんでくるキーワードがある。「普通」と「ヤンキー」だ。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい