「スリムクラブ」と「2700」“闇”に覆われたそれぞれの苦悩 (1/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「スリムクラブ」と「2700」“闇”に覆われたそれぞれの苦悩

連載「上方芸能ここだけの話」

このエントリーをはてなブックマークに追加
中西正男dot.
ラグビー愛を語っていたスリムクラブの2人(撮影/中西正男)

ラグビー愛を語っていたスリムクラブの2人(撮影/中西正男)

 お笑いコンビ「スリムクラブ」「2700」に、反社会的勢力とつながる“闇営業”を仲介したとされるモノマネ芸人・バンドー太郎が都内で会見を開いた。

吉本興業の決意表明【全文】

 会見場に足を運び取材をしてきたが、冒頭、バンドーはしたためてきた文章を読み上げる形で二組への謝罪を重ね、頭を下げた。

 日ごろステージに立つプロではあるが、文面が書かれた紙を持つ手は小刻みに震え、緊張の大きさもうかがわせた。

 45分ほどの会見で語った骨子を整理すると、以下の2点に集約された。

●知り合いの建設会社社長から「実の兄の誕生日パーティー」として依頼されたもので、自分も反社会勢力が出席しているとは知らなかった。

●とはいえ、結果的に当該の二組、その家族、吉本興業、関係者に迷惑をかけてしまい申し訳なかった。

 額に大粒の汗を光らせながら、数えきれないほど頭を下げたが、起こってしまったことは戻らない。

 個人的な話になるが、今回の二組は取材や仕事の場で、とりわけ深く話を聞いてきたコンビだったため、バンドーが頭を下げるたびに、何とも言えない“やるせなさ”も沸き上がってきた。

 6月16日、大阪市内の高校で行われたラグビーイベントで「スリムクラブ」と共演した。真栄田賢は沖縄県立首里高校1年の頃から身長184センチ、体重115キロという体格を生かし、ラグビー部で活躍。沖縄選抜にも選ばれた。

 相方の内間政成はラグビー経験はなかったが、真栄田とコンビを組んだことをきっかけにラグビーの魅力を知り、真栄田らと7人制ラグビーのチームを結成。パフォーマンスの向上を目指してトレーニングにも励んでいた。

 今年に入ってからは多い時には週に3日ラグビー関連の仕事が舞い込むこともあり、先述したイベントもまさにその1つだった。僕も中学から大学までラグビーをやっていたことから同イベントから出演依頼があり、二人と共演することになった。

 僕も一緒に行ったトークショーではこれでもかとラグビーネタで笑いを取り、イベント終了後も駆け寄ってくる子供たちを抱き上げ、にこやかに写真撮影やサインに応じていた。小学生や中学生の試合を見ては、ワンプレーごとに「ナイスタックル!」などと声を張り上げていた。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい