佐藤二朗「132億光年も離れた銀河!? 宇宙の自由さにひれ伏すしかないのか」 (2/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

佐藤二朗「132億光年も離れた銀河!? 宇宙の自由さにひれ伏すしかないのか」

連載「こんな大人でも大丈夫?」

このエントリーをはてなブックマークに追加
佐藤二朗dot.
佐藤二朗(さとう・じろう)/1969年、愛知県生まれ。俳優、脚本家。ドラマ「勇者ヨシヒコ」シリーズの仏役や「幼獣マメシバ」シリーズで芝二郎役など個性的な役で人気を集める。ツイッターの投稿をまとめた著書『のれんをくぐると、佐藤二朗』(山下書店)のほか、96年に旗揚げした演劇ユニット「ちからわざ」では脚本・出演を手がける

佐藤二朗(さとう・じろう)/1969年、愛知県生まれ。俳優、脚本家。ドラマ「勇者ヨシヒコ」シリーズの仏役や「幼獣マメシバ」シリーズで芝二郎役など個性的な役で人気を集める。ツイッターの投稿をまとめた著書『のれんをくぐると、佐藤二朗』(山下書店)のほか、96年に旗揚げした演劇ユニット「ちからわざ」では脚本・出演を手がける

※写真はイメージです(写真/getty images)

※写真はイメージです(写真/getty images)

 あ、宇宙よ。言っとくけど俺は酔ってるよ。酔ってなきゃこんな文は書かないよ宇宙。そして、もうそろそろ、担当K氏はもちろん「AERA dot.」の偉い人も怒り出すの? ねぇ宇宙、答えなさい宇宙、え何何? 現在、最も遠くに観測されている銀河は132億光年先の彼方なの? そもそも光は1秒間に地球を7周半できる猛烈な速さで、その光のとんでもない速さをもってしても、132億年という、気の遠くなるような時間が掛かってしまう場所が、132億光年彼方なの? ……ちょ、宇宙、うっちゃん、ウー坊、ウーやん。オジサン、少し吐きそう。ウーやん、オジサンもう限界。オジサンのウーやんに対する理解の範疇は、大気圏をとうに越えた。白旗。ウーやんには白旗。え何? ……嘘!? ウーやんの構造は、僕ら人間の頭の神経の構造とそっくりなの? ……嘘だあ。そんな途方もないウーやんと、ちっぽけな僕らの頭が? ……いや、嘘だあ。

 あら? 酔いが少し、さめた。気がする。アレかな。日常の些事?なんつうの?ややこしいモロモロ?を、たまには一旦忘れて、ウーやんのことを考えれば、俺の頭も永遠に上書き保存、できる、かも。(文/佐藤二朗)


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

佐藤二朗

佐藤二朗(さとう・じろう)/1969年、愛知県生まれ。俳優、脚本家。ドラマ「勇者ヨシヒコ」シリーズの仏役や「幼獣マメシバ」シリーズで芝二郎役など個性的な役で人気を集める。ツイッターの投稿をまとめた著書『のれんをくぐると、佐藤二朗』(山下書店)のほか、96年に旗揚げした演劇ユニット「ちからわざ」では脚本・出演を手がける。

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい