ヤクルト小川監督、宮本コーチの強み 青木にあって山田にないものは?【八重樫幸雄】 (2/3) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ヤクルト小川監督、宮本コーチの強み 青木にあって山田にないものは?【八重樫幸雄】

このエントリーをはてなブックマークに追加
西尾典文dot.
元ヤクルト・八重樫幸雄氏 (c)朝日新聞社

元ヤクルト・八重樫幸雄氏 (c)朝日新聞社

「小川の前に監督をやっていた野村(克也)さんや高田(繁)さんは結構細かく言うタイプだったんですけど、それを見ていたこともあってか、上手く選手に任せているんじゃないですかね。そういう部分は(宮本)慎也や他のコーチに任せているように見えますね」

-一方で宮本コーチはやはり厳しく指導するタイプに見えますが。

「僕らの感覚からすると普通なんですけどね(笑)ただ、今の若い選手に合うかどうかというのはあると思います。ただ、慎也は現役時代から言うだけじゃなくて自分もそれだけのことをやってましたから。ベテランになって(コーチの)こっちが早出の練習を出なくていいって言っても、結局最後までやめなかった。だからあれだけ長くできたと思います。コーチになっても慎也は厳しく言いますけど、逆に小川は抑えている。去年はそのバランスが取れていたから上手くいったんじゃないですかね」

-選手ではベテランの青木選手が昨年日本に復帰して、今シーズンもチームを牽引していますが、若い頃からの変化は感じますか?

「だいぶ変わりましたね。前は自分のことしか考えていないような感じでしたが、今ではどんどん前に出て、全体のことも言っているように見えます。WBCに行ったことや、アメリカでプレーした経験がそういうところに出てるんじゃないですかね。打ち方も昔ほどころころフォームが変わらなくなりましたね」

-今後や来年以降を考えた時の課題はどのあたりにありそうですか?

「選手だと山田(哲人)がもっと引っ張る立場になってほしいですね。青木の若い時と同じで、まだまだチーム全体を引っ張っているような感じに見えないです。あとは二軍の若い選手をどう育てるかがやっぱり大事じゃないですかね。小川が長く二軍監督をやっていたから畠山や雄平が育ったと思いますし、青木も1年目は二軍でしっかりやったことが大きかったと思います」

-二軍の指導者に求められることは一軍とはやはり違いそうですが。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい