水野美紀 ゴールデンウィークに幸せだけれど末恐ろしくなった理由とは?

連載「子育て奮闘記「余力ゼロで生きてます」」

イラスト:唐橋充
拡大写真

イラスト:唐橋充

 42歳で電撃結婚、翌年には高齢出産。激動2年を経た女優・水野美紀さんが、“母性”ホルモンに振り回され、育児に奮闘する日々を開けっぴろげにつづった連載「余力ゼロで生きてます」。今回は「無事に終わったゴールデンウィーク(GW)」について。

【ゴールデンウィークのお父さんお母さんの現実とは…】

*  *  *
 GWの10連休が終わった……。

 全国のお父さんお母さん、ほんとーーーにお疲れ様でした!!

 我が家は旅行などはせずに、都内近郊で乗り切った。

 ある日は朝から電車に乗って、駅でママ友と待ち合わせして子供向けのイベントへ。

 翌日は朝からチャリを漕いで公園でママ友と待ち合わせして、ポニーの乗馬にミニ動物園でのうさぎやモルモットとの触れ合い。

 またある日はベビーカー引いて、近所の公園でママ友と子供向けのお祭りへ。

 近所のママ友のお宅にお呼ばれして夕食会。

 我が家にお招きして夕食会。

 私が仕事の日に夫が車でIKEAへ。

 私が仕事の日に夫が電車で多摩川へ。

 最終日は車で夫がスタジオ近くのこどもの国でチビを遊ばせ、私はスタジオへ。

 夕食休憩の時間にスタジオで家族集合して、スタジオ内の食堂で一緒に夜ご飯。

 駆け抜けた。1日1日を駆け抜けた。

 保育園のママ友とほぼ毎日一緒に過ごした。

 休みでも毎朝チビは7時に起きる。

 朝ごはんを済ませたら、おにぎり握って、フル充電のチビを連れて出発だ。

 その時点で私の充電は半分だ。

 どう考えても部が悪い。

 だから他人の手を積極的に借りるのだ。

 近い月齢のお友達の力、ママ友の力、イベントの力! もちろん夫の力!

 高齢夫婦の私たちは、二人合わせて、チビのフル充電に対応できるギリギリ……ちょっと足りないくらいの体力。

 午前と午後で選手交代したりしながら、工夫してなんとか頑張った。

 まずは朝9時から、昼食をとる11時半くらいまでにひと遊び。

 願わくば、昼食後2時間のお昼寝。このタイミングで帰宅して私も一休み。

 願わくば!

 だけど、休日の高揚感を感じ取るのか、チビは、平均1時間しか寝てくれず、それでもしっかり充電を完了して、午後2時には毎日リセット。

続きを読む

次ページ>

ここからが第二の山場…

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック