ギャルを貫く「みちょぱ」 ブレイクの秘密は「分析力」と「冷静さ」

丸山ひろしdot.
■目標は「現状維持」、45歳の自分は「バツ2」

「みちょぱ」ことモデルでタレントの池田美優(20)が5月7日、東京スカイツリーとハローキティのコラボイベントに出席。ハローキティ誕生45周年にちなんで、45歳になった自分を聞かれると「ママが今48歳なので、ママぐらいって考えると『バツ2』くらいいっているんじゃないかな」と告白。続けて、「ママもバツ2。DNAをすごく受け継いでいるので、そこもたぶん受け継ぐのではないかなと思っています」と、自身の将来像を分析した。

【写真】みちょぱのライバル?大人っぽくなった藤田ニコルは黒いシースルードレス姿を披露

 みちょぱといえば、ギャルファッションでカリスマ的な人気を誇る一方、その見た目からチャラいイメージもある。45歳の自分についても「幸せになってます~」みたいに能天気な思考かと思いきや、自分を客観視して冷静に分析していたことに驚いた人も多いだろう。

 例えば、昨年20歳を迎えたみちょぱは、成人としての目標を聞かれて「現状維持」と答えている。理由については元々、欲がない性格かつ芸能界は現状を維持するのが難しいからだという(「チキンマックナゲット クリスマスキャンペーン発表会」2018年12月18日)。また昨年6月には、自身の活躍についてツイッターで「ありがたいこと」と感謝。「テレビ1年くらいで消えるな~って自分で思ってたらなんだかんだでもう2年半くらい出させてもらえてるんですよ(ママ)」と綴っていた。

 一方、引っ張りだこになる前の2017年、「自分がイマイチ売れない理由」について「五七五」の川柳調で答えるようバラエティ番組で促され、「世の男 ギャルメークより 清楚系」と回答していた(「内村カメラ」2017年12月28日放送)。

 清楚系がウケると分かっていながらギャルを貫くみちょぱ。もちろん、清楚なキャラが自分には似合ってないと分析した結果なのだろうが、そんなところからも、“自分の立ち位置”を冷静に分析している感がうかがえる。

続きを読む

次ページ>

お酒は飲めない体質

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック