元広島・黒田が憧れ…五十嵐亮太、「高いプロ意識」と「覚悟」で古巣支える

山岡則夫dot.
「投げ続けて故障するなら本望」

 古巣ヤクルト復帰後、いたるところで見かけた五十嵐亮太のコメント。しかし以前は、少し異なる考え方を口にしていた。

「大事なところで故障をして投げられないから、投手として本当に情けない」

 かつて古田敦也が兼任監督を解任された時、投げられないことを最も悔やんでいた。

 開幕から順調なスタートをきったヤクルト。その原動力の1人としてブルペン陣をまとめているのが五十嵐。存在感のみでなく、大きな戦力となっているのは間違いない。メジャー挑戦、強豪ソフトバンクでの頂点を経て、今はどう思っているのかに迫った。

ーースポットの活躍はプロとして意味がない。

「投げ続けての故障なら仕方ない。その気持ちがあるのは事実だけど、相反する思いもある。故障しないで、チームのために常に戦力でいることが大事だという気持ちもある」

「でも少し変わってきたかな。だって、選手生活が継続できるかもわからなかった。あとになって聞いたけど、NPBで他に手を挙げてくれるところは本当になかった。そこをヤクルト編成部も無理をして獲得してくれた。そりゃそうですよ、もし僕が逆の立場なら他の投手を選ぶ。ファンの方々からしても、いまさら五十嵐獲ってどうすんだよ、って思うでしょ」

 ヤクルト関係者から獲得打診の連絡があった時に、信じられなかったという。現役晩年、さまざまな思いが錯綜する中で、必要としてくれた古巣への感謝の思いは想像以上に大きい。

「例えば、この試合に向けて調整して欲しい、というスポットの活躍では意味がない。自分自身、嫌だし、自分が考えるプロではない」

「プロ選手は生涯保証ではなく年間契約をするからこそ、その年はシーズン通じて投げたい。だから黒田博樹さん(元広島)の現役生活というのは憧れる。最後まで広島のために投げ抜いた。ああいうところに心を打たれる」

 常に試合に参加し必要とされるところで、いつでも投げる。それこそが五十嵐自身が考えるプロの姿だという。

続きを読む

次ページ>

あの時は良かった、という昔話で終わりたくない…

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック