「悲しいまでに凡庸」だった青年が日本政治の頂点に君臨し、この国の姿を変容させるまで 安倍晋三氏のルーツを探る

朝日新聞出版の本

2019/04/23 17:00

「安倍寛(あべかん)」という政治家をご存じだろうか。庶民目線の政治家として、道理を外した権力の専横にあらがい、戦時中に反戦を唱え、没後70年を経たいまも地元の人々に慕われ続けるこの人物こそ、安倍晋三首相の父方の祖父である。その志を継ぎ、リベラル保守の政治家として外相も務めたのが、息子の安倍晋太郎。優れたバランス感覚をもち、「オレのオヤジは大したやつで」が口癖だった晋太郎は、終生、寛の息子であることを誇りにしていた。

あわせて読みたい

  • 安倍晋三氏は「神輿」に乗った右派のプリンス ジャーナリスト・青木理が迫る実像

    安倍晋三氏は「神輿」に乗った右派のプリンス ジャーナリスト・青木理が迫る実像

    AERA

    8/13

    「安倍三代」を語り合う 政治コラムニスト早野透×ジャーナリスト青木理

    「安倍三代」を語り合う 政治コラムニスト早野透×ジャーナリスト青木理

    週刊朝日

    4/6

  • 安倍晋三元首相の後継者は育たず 青木理「彼に代わる右派のアイコンは見当たらない」

    安倍晋三元首相の後継者は育たず 青木理「彼に代わる右派のアイコンは見当たらない」

    AERA

    8/14

    安倍元首相は「ナイスガイだった。私欲のない純粋な男」 兄貴分・亀井静香が語る思い出

    安倍元首相は「ナイスガイだった。私欲のない純粋な男」 兄貴分・亀井静香が語る思い出

    dot.

    7/9

  • 安倍元首相銃撃事件でジャーナリスト・青木理氏が感じた「不気味な兆候」とは

    安倍元首相銃撃事件でジャーナリスト・青木理氏が感じた「不気味な兆候」とは

    dot.

    7/9

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す