デビュー10周年「新まばたき女王 菜々緒」を支える“負けん気の強さ” (1/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

デビュー10周年「新まばたき女王 菜々緒」を支える“負けん気の強さ”

このエントリーをはてなブックマークに追加
dot.
女性からの人気も抜群な菜々緒 (c)朝日新聞社

女性からの人気も抜群な菜々緒 (c)朝日新聞社

■北川景子越えのまばたき我慢4分4秒を記録!

 女優の菜々緒(30)が4月6日に放送された「オールスター感謝祭」(TBS系)内の「まばたき我慢リレー」で4分4秒の大記録を達成した。挑戦者3人で4分間まばたきを我慢すれば賞金を獲得でき、昨年は北川景子(32)が1人で4分をクリアし“伝説”となった同企画。アンカーを務めた菜々緒は、途中3分30秒を超えたところで両目のコンタクトレンズが外れるも耐え続け、1人で4分4秒、チーム合計5分26秒のタイムを樹立。北川を超える菜々緒の頑張りに、スタジオではスタンディングオベーションが巻き起こった。

【画像】前まばたき女王の北川景子の美貌はこちら

 今クールでは、山下智久(33)主演のドラマ「インハンド」(TBS系)で美人官僚を演じる菜々緒。昨年は「BG~身辺警護人~」(テレビ朝日系)、「リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~」(同)と話題作に立て続けに出演し、「Missデビル 人事の悪魔・椿眞子」(日本テレビ系)では主演を務めるなど、引っ張りだこ状態だ。一方で、感謝祭の「まばたき我慢」企画で見せたような「負けん気の強さ」が今の菜々緒の女優業の原動力になっているとも言えるのではないか。

 例えば、役作りについて。菜々緒は悪女を演じることが多いが、一般的なイメージ通りの人物になることを心がけ、メイクは自分で行っているという。悪女にも様々な種類があり、メイクによって印象が変わるため、ミリ単位で変えることもあるそうだ(『cinemacafe.net』2016年12年22日)。また、9等身のプロポーションで知られるが、自身のインスタグラムに懸垂やミット打ちなどの動画を投稿することもあり、地道なトレーニングを積み重ねていることがうかがえる。さらに、食事もスタイル維持を重視。筋肉をつけるため、腹八分目で「1日5食」食べることにチャレンジし、夜中はプロテインに変えたりするという(『土曜スタジオパーク』2017年11月11日放送)。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい