今後の命運握るのは… 各チームの「キーマン」を選んでみた<パ・リーグ編> (1/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

今後の命運握るのは… 各チームの「キーマン」を選んでみた<パ・リーグ編>

このエントリーをはてなブックマークに追加
dot.sportsdot.
日本ハムの大田泰示 (c)朝日新聞社

日本ハムの大田泰示 (c)朝日新聞社

 開幕から1週間余り。まだペナントレースは始まったばかりだが、各球団には早くも明暗が分かれている。その中で、出遅れたチームは何が足りないのか。スタートダッシュしたチームは、勢いを継続するためには何が必要なのか。今回はパ・リーグの各チームが浮上、あるいは勢いを継続するためのキーマンを探し出し、指名したい。(※成績は4月8日時点)

■ロッテ:石川歩

 4月2日からの本拠地3連敗が響いて9試合で3勝6敗スタートとなった。12球団中2位の18本塁打に驚く一方、チーム防御率はダントツ最下位の6.35で、早くも“投壊状態”となっている。

 この悪い流れを止めるためには先発投手の快投が有効手だが、開幕投手を務めた石川歩が3月29日の楽天戦で6回途中4失点の内容で、さらに腰痛のために4月4日に出場登録を抹消された。軽症の見込みで最短での1軍復帰を願うが、仕切り直しのマウンドでどのようなピッチングを披露できるか。石川が軸として働ければ、他の先発陣にも相乗効果となるはずだ。

■オリックス:吉田正尚

 開幕7試合目で待望の今季初勝利を飾ったが、依然として黒星が先行するオリックス。問題はリーグワーストのチーム打率.210の打線であり、不動の4番として期待されながらもここまで打率.147と低迷する吉田正尚である。

 侍ジャパンの試合で放った豪快アーチもあり、開幕から大爆発が予感されたが、蓋を開けてみれば14打席ノーヒットに始まり、開幕5試合で20打数1安打の打率.050という大ブレーキ。開幕8試合目4月6日には4番を外され、後の2試合で9打数3安打とやや調子を上げたが、今後は果たしてどうなるか。吉田正のフルスイングからの豪快アーチが、チームを勢いづけることは明白だ。

■日本ハム:大田泰示

 大本命ソフトバンクの対抗馬に挙げる識者も多かったが、オープナー戦術も不発で開幕9試合を3勝5敗1分けという状況になっている。チーム防御率4.94の投手陣を改善すべきなのはごもっともだが、チーム打率.217の打線の方も問題。特に開幕からスランプに陥った大田泰示にはテコ入れが必要だ。

 オープン戦では38打数13安打の打率.342で5本塁打を放っていたが、開幕3連戦で14打席ノーヒットの幕開け。4戦目以降は1日1本のヒットは出るようになったが、オープン戦で見せていた“豪快さ”は影を潜めている。栗山英樹監督の構想では「2番・大田」。大田の調子が上がれば、打線は繋がって行くはずだ。



トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい