選抜のヒーロー奥川、石川  高校生「ドラフト候補」は誰だ? (1/3) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

選抜のヒーロー奥川、石川  高校生「ドラフト候補」は誰だ?

このエントリーをはてなブックマークに追加
西尾典文dot.
津田学園の前佑囲斗 (c)朝日新聞社

津田学園の前佑囲斗 (c)朝日新聞社

 単独史上最多となる東邦の5回目の優勝で幕を閉じた選抜高校野球。平成最後の甲子園大会ということもあって連日盛り上がりを見せた。そんな中でドラフト候補として頭一つ抜けた存在だったのが奥川恭伸(星稜)だ。昨年の夏も2年生で唯一U18アジア選手権の侍ジャパンにも選ばれている投手だが、今大会では更に成長した姿を見せた。最速151キロをマークしたストレート、手元で鋭く変化するスライダー、チェンジアップ、フォークをしっかりコントロールすることができており、その完成度は高校生離れしている。2回戦で習志野のしぶとい打線と機動力の前に敗れたものの、それでもしっかり3失点でまとめており、試合を作る能力は高い。高校生だが即戦力としても期待できる投手であり、秋のドラフト会議では1位指名の12人に入ってくる可能性は極めて高いだろう。

 一方で奥川以外では、大会前に注目を集めた及川雅貴(横浜)が初戦で早々に打ち込まれたこともあって、確実に上位指名が見込めるという選手は不在という印象だった。ただそんな中でもこの春から夏にかけての成長次第や大学、社会人を経由してプロを狙えるという選手がいなかったわけではない。そこでここからはそんな将来まで見越しての可能性が光った選手を中心に紹介したいと思う。

 投手で素材の良さが光ったのが前佑囲斗(津田学園)だ。182cm、87kgという恵まれた体格の大型右腕で、初戦で龍谷大平安に敗れたものの延長10回まで無失点という見事なピッチングを見せた。昨年秋の時点では力任せなピッチングで良くも悪くも粗削りな印象だったが、この春は上手く上半身の力を抜いて楽に腕を振り、コントロールが格段にレベルアップしていた。今大会の最速は141キロにとどまったものの、数字以上に打者が差し込まれることが多く、緩急の使い方も上手い。大会後に発表されたU18の日本代表候補にも選出されており、今後もプロからの注目を集めることになるだろう。



トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい