ビリギャルのモデル・小林さやかが新受験生と浪人生に贈る言葉「『死ぬ気で頑張る』は、人生を変える」

西岡千史dot.#受験#大学入試#教育
 桜前線が北上し、春爛漫の日和も増えてきた。4月からの新しいスタートを前に心をはずませている人も多いだろう。一方、来春に受験に挑む高校生や、志望校に落ちた浪人生にとっては過酷な1年の始まりでもある。

【写真】ビリギャル女子高生時代の小林さやかさん

 そのなか、2013年に出版されてベストセラーになったノンフィクション『学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶応大に現役合格した話』(坪田信貴・著、以下『ビリギャル』)のモデルとなった小林さやかさん(31)が今月、自身初となる著書『キラッキラの君になるために ビリギャル真実の物語』(マガジンハウス)を刊行した。

 まったく勉強していなかったビリギャルは、なぜ、慶應大に逆転合格できたのか。そして、なぜ今、この本を書こうと思ったのか。受験テクニックでは得ることのできない、小林さん流の「慶應大に受かる方法」を聞いた。

* * *
──大学受験では、慶應大を目指して1日15時間勉強をしたそうですね。

 本当に「死ぬ気」で頑張りました。私の場合、高校2年の夏までまったく勉強してなかったので、「慶應大を目指す」と言ったら、学校の先生にもバカにされて。でも、若かったから「見返してやる!」というエネルギーがメチャクチャ沸いてきたんですよね。若いってすごいなと思います。何度も途中でやめようと思ったけど、最後までやり切ることができました。あの努力は、31歳になった今の私にはとてもできません。

──新著の帯には「死ぬ気でやって、よかったよ。」というコピーが大きく書かれています。

 このことは、本を書くにあたって後輩たちに伝えたかったことの一つなんです。

 私が慶應大を目指して勉強している時、通っていた塾の坪田信貴先生(『ビリギャル』の著者)からこんなことを言われました。

「さやかちゃんが慶應に受かったら、みんな『もともと頭が良かったんだね』って言うと思う。反対に受からなかったら『ほら、どうせ無理って言ったじゃん』って言うんだよ」って。

続きを読む

次ページ>

大学受験で得られる、合格より大切なもの

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック