女性医師のほうが男性より年収が低い? 日本だけじゃない医療医学分野での「男女格差」

連載「ちょっとだけ医見手帖(山本佳奈医師)」

山本佳奈dot.
山本佳奈(やまもと・かな)/1989年生まれ。滋賀県出身。医師。2015年滋賀医科大学医学部医学科卒業。ときわ会常磐病院(福島県いわき市)・ナビタスクリニック(立川・新宿)内科医、特定非営利活動法人医療ガバナンス研究所研究員
拡大写真

山本佳奈(やまもと・かな)/1989年生...

 日々の生活のなかでちょっと気になる出来事やニュースを、2人の女性医師が医療や健康の面から解説するコラム「ちょっとだけ医見手帖」。今回は、医学教育や医療分野における男女格差について、NPO法人医療ガバナンス研究所の内科医・山本佳奈医師が「医見」します。

*  *  *
 3月8日は「国際女性デー」であったことを、みなさんはご存知でしょうか。この日は、女性の権利や政治的・経済的分野への参加など、女性が達成してきた成果を認識する記念日の一つであり、1975年に国連によって「国際婦人デー」と定められ、現在「国際女性デー」と呼ばれています。

 きっかけは、1904年(明治37年)3月8日。ニューヨークで参政権を求めて女性の労働者によるデモが行われ、さらに6年後の1910年(明治43年)、デンマークで行なわれた国際社会主義者会議で「女性の政治的自由と平等のためにたたかう記念の日」として正式に制定されたことから始まったと言われています。

「国際女性デー」の頃になると、イタリアでは街中にミモザの花が見られるようになります。それは、イタリア女性組合のシンボルとして、3月頃に黄色の花を咲かせるミモザの花が選ばれたことに由来します。イタリアではもともと、感謝の気持ちを込めてミモザの花束を贈る習慣がありました。こうした習慣が世界に広がったことで、ミモザの花が「国際女性デー」を象徴するようになり、「ミモザの日」とも呼ばれるようになったというわけです。

■根深い日本の女性差別

 こうした記念日がある一方で、日本における女性差別がまだまだ根深いことがわかったニュースがあります。昨年12月世界経済フォーラム(WEF)より発表された世界各国の男女平等の度合いを示す2018年版「ジェンダー・ギャップ指数」によると、調査された149カ国のうち日本はなんと110位。男女の賃金格差や女性の労働参加率、職場環境がやや改善したことにより、昨年より4つ順位はあがったものの、主要7カ国(G7)では何と最下位でした。

続きを読む

次ページ>

男女格差は助成金申請にも?

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック