『CAT'S EYE』『オリビアを聴きながら』 杏里が語る名曲誕生の意外な瞬間 (2/3) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

『CAT'S EYE』『オリビアを聴きながら』 杏里が語る名曲誕生の意外な瞬間

連載「LOVE YOU LIVE!」

このエントリーをはてなブックマークに追加
神舘和典dot.#神舘和典
代表曲を中心に歌うビルボードライブの公演は、3月22日(金)、23日(土)がビルボードライブ東京、29日(金)、30日(土)がビルボードライブ大阪。http://www.billboard-live.com/

代表曲を中心に歌うビルボードライブの公演は、3月22日(金)、23日(土)がビルボードライブ東京、29日(金)、30日(土)がビルボードライブ大阪。http://www.billboard-live.com/

ロサンゼルスで新曲「Duke's Anthem」をレコーディングしたメンバー。杏里の右隣がドラマーのスティーヴ・ガッド

ロサンゼルスで新曲「Duke's Anthem」をレコーディングしたメンバー。杏里の右隣がドラマーのスティーヴ・ガッド

「最初のチャレンジは1983年の『CAT’S EYE』です。アニメの主題歌というのは、それまでの私のキャリアにも、ヴィジョンにもない企画でした。私、アニメを見たことすらほとんどなかったんです。だから、最初はとまどいました。でも、楽曲のよさに魅かれて、歌うと決めたのです。今思うと、自分のイメージしていない試みが怖かったんだと思います」

 ところが、「CAT’S EYE」はオリコンチャート5週間連続1位の大ヒット曲となり、この曲を収録したアルバム『Timely!!』も1位に。その後、シングル「悲しみがとまらない I CAN’T STOP THE LONELINESS」「気ままにREFLECTION」もヒットする。

「あのとき『CAT’S EYE』をレコーディングして、ほんとうによかった。ずっと歌い続けてきて、今もたくさんのリスナーのかたがたに愛されている楽曲になりました。作品の力をいまなお感じています」

 杏里の次のチャレンジはセルフプロデュース。1987年の『SUMMER FAREWELLS』から自分でプロデュースを手掛ける。この時期から、杏里は2度目のキャリアハイを迎える。『CIRCUIT of RAINBOW』『MIND CRUSIN’』とアルバムが立て続けにオリコン1位に。

 デビューアルバム『杏里 -apricot jam-』をロサンゼルスでレコーディングもしていて、杏里にはアメリカ西海岸のイメージがある。さらに、セルフプロデュースを始めたころからは西海岸の腕利きミュージシャンを積極的に起用するようになり、そのイメージは濃くなっていく。

「プロデューサーとして影響を受けたのは、マドンナ、ホイットニー・ヒューストン、セリーヌ・ディオン、シカゴなどを手掛けたデイヴィッド・フォスターや、『黄昏』や『恋におちて』など数々の映画音楽で知られるデイヴ・グルーシンなど、LAを拠点に活躍している巨匠たち。そういったことも、私の音楽に西海岸の風を吹かせているのでしょう」


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい