楽天・浅村栄斗のお相手も“女子アナ” 次に狙われるイケメン選手は誰だ? (2/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

楽天・浅村栄斗のお相手も“女子アナ” 次に狙われるイケメン選手は誰だ?

このエントリーをはてなブックマークに追加
宮本エミdot.
楽天・浅村栄斗 (c)朝日新聞社

楽天・浅村栄斗 (c)朝日新聞社

「同じ岩手県出身のフジの久慈暁子アナや、取材の時にやたらと馴れ馴れしいと顰蹙を買った加藤綾子、他にも年上の地方局アナウンサーやモデルなどの名前が挙がっていました。当時球団は一時、女子アナの取材禁止、という強行策もとったようです」(同前)

 ベッキーと結婚した片岡治大(巨人コーチ)の元カノは加藤綾子(元フジテレビ)、破局したが、三田友梨佳(フジテレビ)の元カレは西武の金子侑司、小林誠司(巨人)も宮澤智(フジテレビ)と交際していたように、変わらず女子アナはまだまだ人気だ。

「ヤクルトの小川泰弘はフジテレビの三上真奈との熱愛が報じられましたが、まだ噂の段階ですが、人気選手と若手女子アナのカップルは複数いるそうです」(女性誌記者)

 スポーツライターによれば「人気抜群なのは昨年新人王を獲得した楽天の田中和基です。イケメンで立教大卒のインテリ。礼儀正しく、振る舞いも紳士でデビューの時から“カーくん”狙いの女子が多い」という。

 他にも、ヤクルトの山田哲人、原樹里、西武の源田壮亮、そして「国民の息子」と言われる中日の根尾昂、高校BIG3の一人でイケメンの声が高いロッテの藤原恭大など、「出待ちする女性ファンは日増しに多くなる」(スポーツ紙記者)という。

 芸能リポーターの川内天子さんは、「野球ファンの女性は『女子アナに気をつけて』と思うかもしれませんが、逆に女子アナやテレビ局側は『肌を出さない服で行くように』など注意しているそうです」と、女子アナサイドも自己防衛しているという。

「元フジテレビアナウンサーの八木亜希子はプロ野球の取材へ行く時、『お前は今から“ピラニアの池に飛び込む”と思え』と言われたとテレビで暴露していましたが、今も変わっていないと思いますよ」(スポーツ紙記者)

 華やかに見えるプロ野球選手もケガで出場できなくなれば、戦力外通告か引退だ。プロ野球選手の妻になるには悪い時、苦しい時もともに耐える覚悟も必要だ。(ライター・宮本エミ)


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい