今どき「古典的美人」の土村芳を勝手に贔屓する所以 (3/3) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

今どき「古典的美人」の土村芳を勝手に贔屓する所以

連載「あの人ってば。」

このエントリーをはてなブックマークに追加
矢部万紀子dot.
土村芳 (c)朝日新聞社

土村芳 (c)朝日新聞社

矢部万紀子(やべまきこ)1961年三重県生まれ、横浜育ち。コラムニスト。1983年朝日新聞社に入社、宇都宮支局、学芸部を経て「AERA」、経済部、「週刊朝日」に所属。週刊朝日で担当した松本人志著『遺書』『松本』がミリオンセラーに。「AERA」編集長代理、書籍編集部長をつとめ、2011年退社。同年シニア女性誌「いきいき(現「ハルメク」)」編集長に。2017年に(株)ハルメクを退社、フリーに。著書に『朝ドラには働く女子の本音が詰まってる』

矢部万紀子(やべまきこ)1961年三重県生まれ、横浜育ち。コラムニスト。1983年朝日新聞社に入社、宇都宮支局、学芸部を経て「AERA」、経済部、「週刊朝日」に所属。週刊朝日で担当した松本人志著『遺書』『松本』がミリオンセラーに。「AERA」編集長代理、書籍編集部長をつとめ、2011年退社。同年シニア女性誌「いきいき(現「ハルメク」)」編集長に。2017年に(株)ハルメクを退社、フリーに。著書に『朝ドラには働く女子の本音が詰まってる』

 5回まで見たところで「ゾンみつ」、大展開中。なぜゾンビが生まれたのかの秘密が明らかになりつつある中、柚木の出産への複雑な思いが明かされた。きゃー、どうなるの? 続きが気になってしょうがない。

 一方の「3年A組」での土村さん、実に柚木と対称的な女性を演じている。文香という主人公の元恋人という役だが、そもそも心を病んでいるという設定だから台詞は少ない。回想シーンでは心を病む以前の文香が出てくるが、思わせぶりで短い台詞ばかり。

 元高校教師だから勉強できる系、つまり朝ドラ的優等生系ではあるのだが、それだけでないナイーブさが伝わってきて、彼女がさまざまなことの「伏線」になっているらしい。

 自殺した生徒を追い詰めた犯人を探す。これが基本線のミステリーだが、回を追うごとに他殺の様相を帯び始め、いよいよ犯人に近づいている。その犯人を追い詰めるカギを握っているのが、どうやら文香な予感。土村さん、なんてビッグな役割。

 と興奮して書いている私。すみません。

 朝ドラ女優(ヒロイン以外)が大ブレイクしている例は、有村架純や松岡茉優が思い出され、どちらも「あまちゃん」という大変な話題作からの出世だ。そして2人とも、わたし的には「今どきの可愛い子」だ。

 その点、土村さんは話題度の低い「べっぴんさん」からの出発で、古典的美人。つまり今どき度が低い(と思う)。だから余計に贔屓してしまうわけで、もうじき最終回になる「ゾンみつ」と「3年A組」の土村さんから目が離せない。(矢部万紀子)


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

矢部万紀子

矢部万紀子(やべまきこ)1961年三重県生まれ、横浜育ち。コラムニスト。1983年朝日新聞社に入社、宇都宮支局、学芸部を経て「AERA」、経済部、「週刊朝日」に所属。週刊朝日で担当した松本人志著『遺書』『松本』がミリオンセラーに。「AERA」編集長代理、書籍編集部長をつとめ、2011年退社。同年シニア女性誌「いきいき(現「ハルメク」)」編集長に。2017年に(株)ハルメクを退社、フリーに。著書に『朝ドラには働く女子の本音が詰まってる』

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい