「ずるい」という気持ちに苦しむ女子高生 鴻上尚史がアドバイスした怒りをおさめる2つの方法とは? (1/4) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「ずるい」という気持ちに苦しむ女子高生 鴻上尚史がアドバイスした怒りをおさめる2つの方法とは?

連載「鴻上尚史のほがらか人生相談~息苦しい『世間』を楽に生きる処方箋」

このエントリーをはてなブックマークに追加
dot.#鴻上尚史

 鴻上尚史の人生相談。親の期待を受けて、進学校に進んだ女子高生。妹は好きな美術学校への道を許され、「ずるい」という気持ちに苦しむ相談者に、鴻上尚史が示した、怒りをおさめる2つの方法とは?

【相談20】好きなことだけして許される妹をずるいと思い、怒りがおさまりません(18歳 女性 えみ)

 私は高3の受験生です。私には、絵を描くという趣味があります。中学生の頃、私は3年間塾に通い、公立の進学校を目指して勉強していました。絵を描くことは好きだったけど、親や祖父母は良い高校、つまり偏差値の高い高校に行って欲しいというかんじで、私もそれが当たり前なんだと思っていました。しかし、私が中3の時、妹が「自分は美術系の学校に行きたい」と言いだしました。私はありえないと思いました。しかし、両親はそれを了承しました。私は、自分も行きたかったと心底思いましたが、もう出願は終わっていたので既に遅かったのです。

 高校に入って最初は本当にしんどくて学校が嫌でしたが、それも慣れてきて、高1の後半から高2の最後の時には学校もそれなりに楽しくなっていました。でも、高3になって(つまり二つ下の妹が高校に入学して)私はまた辛くなりました。妹がいつも絵を描いてほとんど勉強せず、毎日楽しそうに学校に行っているのを見て、とても羨ましく思ったのです。そして、怒りが生まれました。私は勉強もちゃんと頑張ったのに楽しくなくて、ちゃんと勉強せずに好きなことだけしている妹がずるいと思いました。そして、両親は妹には絵を描くだけで褒めて勉強をしろとも言いません。私は絵を描いたって褒められないのに。何より、妹が美術系の高校に入るのを親が許可した理由が「妹は勉強を全くしようとしないから美術系に行かないと不登校になるかもしれないから」というのが、本当に意味が分かりませんでした。

 長々と書きましたが、私が悩んでいるのは、この怒りをおさめる方法が分からないことです。基本的に家族が嫌いというわけではないけど、家に帰って妹が絵ばかり描いているのを見るたび、嫌な感情が生まれます。物を投げてその感情をおさめます。でも、限界です。一度、半年前くらいに親の前で感情を爆発させたことがあります。でも親は一時の気の迷いと思ったようで、私をたしなめる感じで済まされました。だから、もう扱いを変えてもらおうとは思っていません。ただ、人と比べたって意味が無いと考えても辛さが無くならないので相談しました。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい