大ヒット木村拓哉「マスカレード・ホテル」で一つだけつらかったこと (1/3) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)
猫特集

AERA dot.

大ヒット木村拓哉「マスカレード・ホテル」で一つだけつらかったこと

連載「あの人ってば。」

このエントリーをはてなブックマークに追加
矢部万紀子dot.#矢部万紀子

「マスカレード・ホテル」で木村拓哉と共演した長澤まさみ (c)朝日新聞社

「マスカレード・ホテル」で木村拓哉と共演した長澤まさみ (c)朝日新聞社

矢部万紀子(やべまきこ)1961年三重県生まれ、横浜育ち。コラムニスト。1983年朝日新聞社に入社、宇都宮支局、学芸部を経て「AERA」、経済部、「週刊朝日」に所属。週刊朝日で担当した松本人志著『遺書』『松本』がミリオンセラーに。「AERA」編集長代理、書籍編集部長をつとめ、2011年退社。同年シニア女性誌「いきいき(現「ハルメク」)」編集長に。2017年に(株)ハルメクを退社、フリーに。著書に『朝ドラには働く女子の本音が詰まってる』

矢部万紀子(やべまきこ)1961年三重県生まれ、横浜育ち。コラムニスト。1983年朝日新聞社に入社、宇都宮支局、学芸部を経て「AERA」、経済部、「週刊朝日」に所属。週刊朝日で担当した松本人志著『遺書』『松本』がミリオンセラーに。「AERA」編集長代理、書籍編集部長をつとめ、2011年退社。同年シニア女性誌「いきいき(現「ハルメク」)」編集長に。2017年に(株)ハルメクを退社、フリーに。著書に『朝ドラには働く女子の本音が詰まってる』

 木村拓哉、並びにジャニーズ事務所、やっぱりすごいっす。やるときはやるっす。

 大ヒット中の主演映画「マスカレード・ホテル」について、あれこれ考えた末の結論だ。実に凡庸である。

 2月4日発表の映画ランキングによれば、公開3週目で累計207万人を動員、興行収入は26億円を突破したという(興行通信社提供)。2ケ月以上独走していた「ボヘミアン・ラプソディー」に動員数で勝った、最初の映画でもある。

 SMAPは解散したが、木村はずっと木村している。映画にドラマと途切れることなく主演、昨年はゲームソフトのキャラにもなった。年末ビックカメラに行ったら、天井から木村の超デカいポスターがぶら下がっていて驚いた。そして、その頃からテレビ界全体に「キムタク祭り」的な空気が流れ出した。

 祭りに参加したつもりはないのだが、私の頭も次第にキムタク色を帯び、ついつい公開直後に「マスカレード・ホテル」を観に映画館へ。

 日頃はファンでもない私の、この行動に至る道を説明するなら、「オールドテレビファン」として毎朝新聞のテレビ欄をじっくり眺めるという習性に起因する。

「マスカレード・ホテル」を製作したフジテレビが12月14日から1月18日まで、連日木村主演のドラマ「HERO」を再放送していた。1月18日は映画公開日。その日まで少しずつ、「ほーら、あなたはだんだん、マスカレード・ホテルに行きたくなーる、行きたくなーる」という作戦。

 フジテレビはテレビ欄の一番右にいる。15時50分~だから真ん中あたり。右の真ん中にいつも「HERO」。週末の夜は、映画「HERO」。実際にチャンネルを合わせなくても、その気になってくる。

「振り向けばテレ東」などと言われるフジテレビ。「マスカレード・ホテル」をヒットさせねばという必死さが、圧になって伝わってきた。木村拓哉主演映画を外すわけにはいかないのね、大変ね。そんな気持ちにもなった。

 2018年の映画「検察側の罪人」も木村&二宮和也のダブル主演で、公開の前後はテレビCMもたくさん流れていた。だがその時に比べて今回はフジテレビの「圧」に加え、ジャニーズ事務所の存在もビシビシ感じた気がする。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい