人気局アナ、続々退社…フリー女子アナ戦国時代、新井恵理那や川田裕美の“牙城”を崩せるか? (1/4) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

人気局アナ、続々退社…フリー女子アナ戦国時代、新井恵理那や川田裕美の“牙城”を崩せるか?

このエントリーをはてなブックマークに追加
高梨歩dot.
新井恵理那 (c)朝日新聞社

新井恵理那 (c)朝日新聞社

■フジの最終面接で落ちた新井恵理那

 1月末でTBSを退社した吉田明世アナ(30)、3月以降の退社を発表したテレビ朝日の宇賀なつみアナ(32)。そして2月5日、アイドル並みのルックスで人気を誇るTBSの宇垣美里アナ(27)が3月いっぱいで退社すると自身がアシスタントを務めるラジオ番組で発表した。さらに、同8日には、テレビ朝日の小川彩佳アナ(33)が一般男性との結婚を発表し、同局を退社してフリーとして活動する意向だという。

 人気の局アナが相次いで独立し、2019年はフリー女子アナウンサーの戦国時代になることが必至だ。

【女性アナ出身校ランキング! 最強の大学は…】

 そんな中、すでに頭ひとつ抜け出した人気を誇るフリーアナがいる。情報番組「グッド!モーニング」(テレビ朝日系)、「新・情報7daysニュースキャスター」(TBS系)などにレギュラー出演し、「2018タレント番組出演本数ランキング」(ニホンモニター調べ)で、女性タレント部門の2位に輝いたフリーアナウンサーの新井恵理那(29)だ。

 昨年の出演番組数は443本にも及び、今勢いに乗っている新井は1月27日放送の「誰だって波瀾爆笑」(日本テレビ系)に出演。順風満帆とも思える彼女からは考えられない失敗エピソードの数々を告白し、SNSなどで話題となった。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

あわせて読みたい あわせて読みたい