「サザエさん」波平の囲碁対局の腕は「世界レベル!」大橋六段が解説 (3/3) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)
猫特集

AERA dot.

「サザエさん」波平の囲碁対局の腕は「世界レベル!」大橋六段が解説

このエントリーをはてなブックマークに追加
福井しほdot.

話題を呼んだ囲碁シーン (c)長谷川町子美術館

話題を呼んだ囲碁シーン (c)長谷川町子美術館

大橋拓文六段(@ohashihirofumi)の検証ツイート(画像の一部を加工しております)

大橋拓文六段(@ohashihirofumi)の検証ツイート(画像の一部を加工しております)

大橋拓文六段 (c)朝日新聞社

大橋拓文六段 (c)朝日新聞社

 サザエさんをめぐる新事実が明らかになったところで、さらなる疑問が浮かび上がってきた。番組ではサザエさんの夫・マスオさんと波平さんが囲碁を打つシーンが度々登場する。となれば、磯野家で寝食をともにするマスオさんにとって、妻の父である波平さんの威厳を“忖度”し、すんでのところで波平さんが勝つような盤面になってはいないのだろうか。

 結論から言うと、サザエさんに“ヤラせ”は存在しない。担当者はこう告げる。

「(勝敗のバランスは)特に意識はしていないようです。ストーリーに出てくるシーンは囲碁をしているのが分かればいいだけなので、差しさわりのない配置にしています。囲碁シーンは時々しか登場しませんし、キャラクター芝居の中の一つのパーツなので、そこだけを気にして作業をしていません。ですが、昔から『間違ったものを写しこんではいけないよ』ということは言われています」

 ところで、波平さんの腕前はいかほどなのか。そして、ツイートにもあった「ちびまる子ちゃん」の友蔵が使う碁盤は偽物なのか? 先の大橋六段はこう分析する。

「サザエさんのシーンを見る限りでは、波平さんは有段者だと推察できます。読んでいる定石書の雰囲気ではアマチュア初段から三段くらいの感じですね。友蔵さんが使っている碁盤は19×19の囲碁盤ではなく、15×15の連珠盤を使っているので、五目並べをしているのではないでしょうか」

 世の中には白黒はっきりさせないほうがいいこともある。さーて、来週のサザエさんは?

(文/AERA dot.編集部・福井しほ)


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい