氷川きよしがデビュー20周年で「中野サンプラザ」を選んだ理由

JAPAN芸能カルチャー研究所dot.
 演歌歌手・氷川きよしが2日、東京・中野サンプラザで「氷川きよしコンサートツアー2019~20周年大感謝祭!!~」を行った。

同コンサートは、1月24日の埼玉・ウェスタ川越からスタートしたコンサートツアーの東京公演で、前日1日と合わせて2日間4公演を実施し、約8800人を動員した。

【写真】凛々しい袴姿の氷川きよしはこちら

 00年2月に『箱根八里の半次郎』でデビューし、この日デビュー20周年の記念日を迎えた氷川はファーストコンサートを行った思い出の会場のステージに立つと、「氷川きよしの20歳の成人の生誕祭にお越し頂きまして、ありがとうございます。みなさんのおかげで20歳になりました。ファンのみなさま、スタッフのみなさまに支えて頂いて今日の日を迎えることができました」とあいさつ。

 続けて、「18歳の時、九州の福岡、博多から上京しまして、3年半アルバイトとレッスンをして、2000年2月2日、22歳の若さでデビューさせて頂きました。苦しい思いとか悲しい思いも歌で喜びに変えられるんだということを改めて感じることができたのは、みなさまのおかげです」と感謝し、「そして、ようやくみなさまが氷川きよしを歌手にしてくださったんだという確信を持っています」としみじみと語った。

続きを読む

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック