水野美紀 いよいよ始まった“イヤイヤ期”と、魔の41歳児 (1/4) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

水野美紀 いよいよ始まった“イヤイヤ期”と、魔の41歳児

連載「子育て奮闘記「余力ゼロで生きてます」」

このエントリーをはてなブックマークに追加

水野美紀さん/俳優。ドラマ・映画・舞台で活躍中。演劇ユニット「プロペラ犬」を主宰し脚本、演出も担当している。最近の出演作はテレビ朝日系「あなたには渡さない」、讀賣テレビ・日本テレビ系「探偵が早すぎる」など。レギュラー番組 讀賣テレビ「水野美紀の映画生活(シネマライフ)」毎週金曜22:54~<関西ローカル>(http://www.ytv.co.jp/cinemalife/)

水野美紀さん/俳優。ドラマ・映画・舞台で活躍中。演劇ユニット「プロペラ犬」を主宰し脚本、演出も担当している。最近の出演作はテレビ朝日系「あなたには渡さない」、讀賣テレビ・日本テレビ系「探偵が早すぎる」など。レギュラー番組 讀賣テレビ「水野美紀の映画生活(シネマライフ)」毎週金曜22:54~<関西ローカル>(http://www.ytv.co.jp/cinemalife/

イラスト:唐橋充

イラスト:唐橋充

 42歳で電撃結婚、翌年には高齢出産。激動2年を経た女優・水野美紀さんが、“母性”ホルモンに振り回され、育児に奮闘する日々を開けっぴろげにつづった連載「余力ゼロで生きてます」。今回は「イヤイヤ期」について。

【イラストはこちら】「イヤイヤ期」にもいろんなタイプがあるようで…

*  *  *
 連載第29回、今回の子育てのトピックは、「イヤイヤ期」である。

「稽古場でインフルエンザ発生したよ」
「ええ!? それは大変ね」
「僕も頭が痛くなってきた。今日は休もうかな」
「あなたはインフルエンザじゃありません」
「熱が出てきたな」
「どれ(おでこを触る)冷たい」
「あごが……あごが痛い」
「(見もせずに)痛いの飛んでった」
「お腹が痛い」
「ウンチ出しなさい」

 夫もイヤイヤ期の只中だ。

 子供のイヤイヤ期は2歳半頃をピークにだいたい1歳半から3歳くらいに現れるらしい。

 よく、「魔の2歳児」と聞くが、それだ。

 ああしたい、こうしたい、という自我の芽生え。と同時に、まだ物理的に前頭前野が発達していないので、理性というものが働かない。

 だから本能的な欲求を抑えることが不可能。

 で、欲求が満たされないと抵抗する。

 これがイヤイヤ期というものらしい。

 子供のほうも、自分でコントロールできずに戸惑っているのだ。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい