「実験」のつもりで不倫した30代妻の告白をデコピンで許した夫への違和感

連載「男と女の処世術」

西澤寿樹dot.#不倫#夫婦#男と女
 浮気や不倫で揺れ動くのは芸能界の夫婦だけではない。カップルカウンセラーの西澤寿樹さんが夫婦間で起きがちな問題を紐解く本連載、今回は「浮気とその後の対応」について取り上げる。

*  *  *
 先日、スウェーデン人女性が描く漫画『北欧女子オーサが見つけた日本の不思議 』を読んでいたら、浮気したことを彼氏に告白したらフラれた、というエピソードがありました。スウェーデンでは「恋人の間に秘密なし」なので、浮気してもそれを隠さず、正直に告白して許しを請うのが一般的なのだそうです。隠しておく、という選択があるという日本人の感覚には逆にスウェーデン人はびっくり、なのだそうです。

 もし、あなたが浮気してしまったらどうしますか?

 また、パートナーが浮気してしまったら、どうしてほしいですか?

 私のもとにいらっしゃるクライアントさんの大半は、期せずして浮気がばれてしまった方々ですが、まれに自分から告白した方もいらっしゃいます。ずいぶん前にお会いした方ですが、涼太さん(仮名、30代、会社員)は妻の琴美さん(仮名、30代、会社員)を連れて相談においでになりました。

 お話によると、もともと、琴美さんが拒否する形でセックスレスになっていたのですが、琴美さん自身はとても優しい涼太さんに不満があるわけではないし、今後も一緒に夫婦としてやっていきたいと思っているのに、なぜか生理的に受け付けないという感じになってしまったのだそうです。最初は違和感がありながらも、一時的なものだろうと思って、我慢してやり過ごしていたのですが、ある時ついにどうしても我慢できなくなって拒否してしまったら、それ以降全くダメになってしまったのだそうです。

 優しい涼太さんは、

「そんな時もあるよ。したくないのならいいよ」

と言ってくれていました。そんな言葉を聞くと琴美さんは、なおさら、どうにかしなきゃと焦ってしまいます。琴美さんは、本当に自分はセックスができなくなってしまったのか?と悩み続けました。

続きを読む

次ページ>

会社の同僚と「実験」のつもりで…

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック