指原莉乃や朝日奈央は勝ち組!? 厳しいアイドルの「セカンドキャリア」

今市新之助dot.
■AKBグループで卒業後に生き残った川栄、松井…

 NGT48のメンバー暴行事件で揺れるAKB48。4月にグループ卒業を予定している指原莉乃(26)も運営サイドの対応にはっきりと苦言を呈するなど、その存在感を示していた。

【画像】可愛すぎる! AERAの表紙を飾った指原莉乃さんらHKT48メンバー

「AKB48への加入当初はマイナーなメンバーだった指原ですが、人気メンバーが次々と卒業する中で、グループの中でも代わる人間がいないほどの実力を見せていきました。もともと指原自身もアイドルオタクなので、男性ファンの心理をしっかりつかんでいるし、今回のように何でも自分の意見をはっきりと発信する姿が女性の人気も獲得しつつあります。MCを担うタレントたちからも信頼が厚く、バラエティー番組でも欠かせないキャラになっていて、卒業後も本人の意志が変わらない限り、安定した仕事が入ってくるはずです」(エンタメ情報誌の編集者)

 指原がAKB48のトップになってからすでに数年、しっかりと地盤を固めてきた結果といえるかもしれない。ただ、AKB4メンバーの卒業後の仕事は必ずしも華やかとはいえないことが多い。ほとんどがグループにいた頃のような華やかな仕事もなくなり、大手事務所に所属していてもひっそりと契約終了となっているケースもある。

「大手グループから卒業しても仕事が残っている人は、アイドルから脱却して少しずつ実力をつけてきた人たちですよね。2018年に大活躍を果たし、今年最も注目されている川栄李奈(23)は、もともと演技の勘がいいと言われていましたが、ドラマやCMで存在感を発揮しています。今年は書籍を発売予定の松井玲奈(27)も、また注目を集めそうですよね。それから、表舞台ではさほど見ることはないですが、元SKE48の平松可奈子(27)は、オスカープロモーションに所属し、ファッショブランドなどのプロデュース業が成功。年収が数千万あると話題となっていました。彼女たちも大手プロダクションに所属していますが、自分の売りどころを見つけ、独自のキャラクターを作り上げている。いずれにしても個人が地道に努力を重ねないと芸能界では生き残っていけませんからね」(同)

 こうした中、芸能リポーターの川内天子氏は、グループ卒業後に明暗を分けるアイドルについてこう分析する。

「卒業すれば、個人として見られるのでよほど才能があるか、相当の努力をしないと成功しません。グループの中の“個性”と、1人のタレントのそれとではまったく違う。ファンの多くはグループの中にいるアイドルが好きなのであって、もともとそのアイドル個人が好きだったわけではないのです。前田敦子(27)も今でこそ女優としての評価が上がってきましたが、AKB48卒業直後は『演技が下手』だと散々な言われようでした。一方、卒業後に苦戦するケースで多いのは、もともと女優や歌手志望だった子がまずアイドルグループに加入したタイプでしょう。指原のように『アイドルに始まり、アイドルで終わる』という確固たる強い信念がないと、芸能界では生きていけないでしょう」

続きを読む

次ページ>

お笑い芸人とのネットワークも鍵に…

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック