写真の無断使用でもう泣き寝入りしない! 経験者が語る本人訴訟の「闘い方」

吉川明子dot.#アサヒカメラ

裁判まで弁護士に依頼するとなると、それなりの着... (07:00)dot.

裁判まで弁護士に依頼するとなると、それなりの着... (07:00)dot.
 インターネット上では相変わらず写真が無断使用され、その価値が毀損されている。この時代にわれわれはどう向き合うべきか。アサヒカメラ1月号では、著作権侵害と闘い続ける二人の写真家、有賀正博、岩崎拓哉を招き、弁護士の三平聡史、アサヒカメラ編集長の佐々木広人の4人で座談会を実施。ここでは、誌面で収録しきれなかった話も含めて3回に渡ってお届けする。悪化する著作権侵害とどう向き合うべきか、そして、解決策とは――。最終回の今回は“闘い方”を指南する。

【「引用だから問題ない」はホント!? 必ず知っておきたい「引用の要件」はこちら】

*  *  *
――有賀さんと岩崎さんは経験を積んでいますが、いざ自分の写真が無断使用されたとき、どうしていいかわからないという人は思った以上に多いようです。

有賀 たとえば60万円以下の支払いを求める場合、1回の審理で判決が出る少額訴訟という制度や、それを審理する簡易裁判所の存在があることを、僕ははじめのころは知りませんでした。どうアプローチすればいいかすらわからなかったので、市の法律相談会に行きました。僕のブログに届く相談メールでも「相談窓口がわからない」という悩みはよく聞きます。

岩崎 簡易裁判所に行くと、「作成コーナー」みたいなのがあって、訴状の書き方など、いろいろ教えてくれるんですけどね。

三平 「こうすれば勝つ、有利になる」というようなアドバイスは絶対にないですけど。

岩崎 ボクシングに例えると、「試合は3ラウンドですよ」とか、「グローブの紐ほどけてますよ」みたいな感じで、「相手は右脇腹が弱い」というアドバイスはない、みたいな(笑)。

有賀 なんとなく匂わせてくれるような時はたまにありますよね。ちょっとだけ被害者側のこちらに同情してくれているというか……。

続きを読む

次ページ>

無料の法律相談会

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック