日産事件 ゴーン氏が反撃開始「東京地検の訴追は間違い。私は無実」

2019/01/08 17:30

 カルロス・ゴーン日産自動車前会長の反撃が始まった。ゴーン氏は8日午前、東京地裁で開かれた勾留理由開示手続きに出廷し、ついに自ら「無罪」を強く訴えた。傍聴席には駐日フランス大使と駐日レバノン大使の姿もあった。一般傍聴席14席に対し、朝から1122人が席を求めて、地裁前で並び、日産ゴーン事件の関心の高さがうかがえた。

あわせて読みたい

  • ゴーン弁護人会見で外国人記者が語る「日本で社長をやりたいと思う人はいなくなる」

    ゴーン弁護人会見で外国人記者が語る「日本で社長をやりたいと思う人はいなくなる」

    dot.

    1/8

    日産のゴーン追起訴でフランス当局がいよいよ反撃か? JOC会長を訴追で泥沼化も

    日産のゴーン追起訴でフランス当局がいよいよ反撃か? JOC会長を訴追で泥沼化も

    週刊朝日

    1/11

  • ゴーン前会長4回目逮捕は“口封じ”? 背景に日産・ルノー連合の影

    ゴーン前会長4回目逮捕は“口封じ”? 背景に日産・ルノー連合の影

    週刊朝日

    4/10

    「ゴーン再逮捕は東京地検特捜部の口封じ」三井環元大阪高検部長が激白

    「ゴーン再逮捕は東京地検特捜部の口封じ」三井環元大阪高検部長が激白

    週刊朝日

    4/4

  • ゴーン前会長再逮捕でも形勢不利…日産を待ち受ける3つの難題

    ゴーン前会長再逮捕でも形勢不利…日産を待ち受ける3つの難題

    週刊朝日

    12/21

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す