欅坂46ファンの54歳男性を「気持ち悪い」となじる妻 鴻上尚史の意外な解決策とは? (1/3) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

欅坂46ファンの54歳男性を「気持ち悪い」となじる妻 鴻上尚史の意外な解決策とは?

連載「鴻上尚史のほがらか人生相談~息苦しい『世間』を楽に生きる処方箋」

このエントリーをはてなブックマークに追加
dot.#夫婦#鴻上尚史

 鴻上尚史の人生相談。欅坂46のファンであることを、妻が「恥ずかしい」となじって困ると相談者。放っておいてほしいという相談者に鴻上尚史が教えた文句からの逃れ方。

【相談14】妻が私の欅坂46好きをなじります(相談者・54歳 男性 ねる推し)

 私は、欅坂46の大ファンです。コンサートや握手会に行くのが私の人生の最大の楽しみです。ですが困ったことに、妻が私の欅坂好きをなじります(最初は隠していましたが、グッズ購入やPC履歴などでばれました)。「50代のオジサンのくせに気持ち悪いし恥ずかしい」「成熟してないものを好きなのは、あなたが幼稚だから」と。一度「いいじゃん、ただの趣味なんだから」と開き直ってみたら、妻はますます不機嫌になって夫婦間の雰囲気が悪くなりました。

 妻はもともと能やクラシックが好きで、時々私もつきあわされるのですが、正直眠たくなるのです。チケット高いのに、猫に小判だと思うのですが、妻いわく「あなたはジャンクフードばかり食べて育ってきたようなもので、ちゃんとした料理の味を知らないのよ。そのうちわかる」と。

 でもやっぱり僕が行きたいのは、欅坂のライブです。生きててよかったと思うほど最高の時間で、アドレナリンがでます。ちなみに僕の推しメンは長濱ねるちゃん。ねるそん、サイコー!!

 最近はしょうがなく飲み会やジムに行くなどと嘘をついてコンサートに行っています。コンサートグッズは仕事場の倉庫にこっそり隠しています。

 50代のおじさんが欅坂ファンじゃだめですか? 子供も社会人になって父親の責任は果たしたし、自分が好きなことしたいです。妻にも、理解してくれなくてもいいから、ほうっておいてもらいたいです。どうしたら妻の文句から逃れられるでしょうか?

【鴻上さんの答え】
ねる推しさん。幸せですねえ。54歳で一緒に妻とクラシックや能に行くんですか。

 奥さんは、本当にねる推しさんのことが大好きなんですね。大好きな人には、自分と同じ趣味を持ってもらいたいと思ってしまいますからね。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい