“死球王” 清原和博のブチ切れ伝説 「今度来たら顔ゆがめたる…」【久保田龍雄】

2018/12/07 16:00

 藪への“顔ゆがめたる”宣言の余韻も冷めやらぬ翌99年、今度は4月14日の広島戦(東京ドーム)で危険球騒動が勃発する。

 4対3と巨人が1点リードの8回、先頭打者として打席に入った清原に対し、この回からマウンドに上がった3番手・小林敦司の2球目が頭部を直撃した。

 尻餅をつくようにして転倒した清原は、むっくり起き上がると、ギョロリと目を剥いて小林をにらみつけ、マウンドへと詰め寄る。この日は3回にも杉山直輝が黒田博樹から頭部死球を受けたとあって、ベンチから両軍ナインが飛び出し、一触即発のムードに。だが、幸い大事には至らなかった。

 直後、小林は打者1人で危険球退場となり、清原はそのまま一塁に歩いたが、この危険球を境になぜか勝利の女神は一転広島へ。9回に追いつかれた巨人は延長10回、三沢興一が金本知憲、江藤智の2ラン2発を被弾し、4対8と逆転負け。最下位に転落した……。そんな悔しさも輪をかけてか、試合後も清原は怒り心頭。

「(巨人投手陣)こっちが行かんから、何遍でも来る。もっと厳しいところを攻めてほしいかって?それはオレが決めることやない。コーチが決めることや」

 ちなみに危険球退場となった小林は、現役引退後、5年間のパティシエ修行の末、東京・代官山に「2‐3(ツースリー)Cafe Dining」をオープンさせ、テレビ番組の企画で客として来店した清原との再会が実現。自慢のチーズケーキを試食した清原は「コントロールは悪かったけど、味のコントロールは抜群」の賛辞を贈っている。

 小林の危険球騒動以上にインパクトがあったのが、05年5月11日のオリックス戦(東京ドーム)で、山口和男から受けた頭部死球だった。

 オリックスに2点を勝ち越された直後の延長11回裏、1死から小久保裕紀の左中間ソロで1点差に追い上げた直後、打席に入った清原に対し、山口の2球目、147キロ直球がヘルメットを直撃した。


NEXT

オリックス移籍は危険球が結びつけたご縁?

1 2 3

あわせて読みたい

  • 清原和博が巨人時代に放った「人生で一番恥ずかしい本塁打」

    清原和博が巨人時代に放った「人生で一番恥ずかしい本塁打」

    dot.

    12/19

    「死球なんて関係ねぇ」 内角をゴリゴリえぐった“ケンカ投法”の助っ人投手たち

    「死球なんて関係ねぇ」 内角をゴリゴリえぐった“ケンカ投法”の助っ人投手たち

    dot.

    7/3

  • 常に一触即発! 昔の巨人vsヤクルト戦の“バチバチ感”が凄い

    常に一触即発! 昔の巨人vsヤクルト戦の“バチバチ感”が凄い

    dot.

    7/6

    勘違い危険球、田中将大とロペスの“口喧嘩”…記憶に残る「日本シリーズ大騒動」

    勘違い危険球、田中将大とロペスの“口喧嘩”…記憶に残る「日本シリーズ大騒動」

    dot.

    10/27

  • 「最近の選手は死球の避け方が下手」張本勲氏の主張は本当か検証した

    「最近の選手は死球の避け方が下手」張本勲氏の主張は本当か検証した

    dot.

    4/7

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す