堺雅人、田中圭、中尾明慶…なぜ、人気俳優はイクメンなのか? (1/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

堺雅人、田中圭、中尾明慶…なぜ、人気俳優はイクメンなのか?

このエントリーをはてなブックマークに追加
高梨歩dot.

堺雅人 (c)朝日新聞社

堺雅人 (c)朝日新聞社

■妻に「自分の好きなことをしたい」と言えない田中圭

 俳優の中尾明慶(30)が「イクメン オブ ザ イヤー2018」の俳優部門を受賞し、10月18日に都内で行われた表彰式に出席した。2013年に女優の仲里依紗(29)と結婚し、同年10月に長男が誕生。今年で5才を迎えた息子の誕生日には、インスタグラムで親子3ショットを公開した。さらに仲の誕生日にも、息子と一緒にサプライズでお祝いしたことをSNSで報告するなど、中尾の家族思いの行動が話題となった。

 「イクメン オブ ザ イヤー」受賞を受け、「明日からより頑張らなきゃ」とプレッシャーを感じているという中尾。WEBメディアのインタビューでは「僕が休みの日は、帰ってきた奥さんを『あとはお風呂に入って、寝るだけだよ』という状態にしておいてあげたいなと思っています」と、妻への深い思いやりを語ったことも……。

 中尾だけではない。最近、人気俳優にはイクメンが増えている。ドラマ「おっさんずラブ」(テレビ朝日系)を機に、大ブレイク中の俳優・田中圭(34)も、オフの日は育児を楽しむ2児のパパだ。

【田中圭・写真特集】ギャップにきゅん!スーツ&萌えセーター姿や撮影オフショットを大公開(16枚)

「各所でひっぱりだこの田中さんですが、6才と2才のふたりの女の子のパパでもあります。先日、発売された育児誌では、『育児の99%は妻』がしていると言いながらも、夏にあった休日の3日間は遊園地のプールに行ったり、アスレチックをしたり、バーベキューをしたりと『朝から夜までみっちり遊んだ』と明かしていました。家のことはほぼ奥さんに任せて自由にさせてもらっているので、オフの日に『さらに自分の好きなことをしたい』と言い出す勇気は怖くてないと語っていたのもお茶目で印象的でした」(女性誌の編集者)

 家族の写真は顔を伏せる芸能人が多いなか、表情豊かな娘の写真で溢れているのが俳優の窪塚洋介(39)のインスタグラム。昨年6月に誕生した長女の愛くるしい笑顔や日常のワンシーン、親子でのツーショットなど癒やされる写真が満載だ。誕生直後には、まな娘の爪を切る写真とともに「“イクメン”という言葉は間違い。ただ父であり、夫であるということ。当然のこと」といった内容を英語で投稿し、3万7000件を超える「いいね!」がついて、大きな反響を呼んだ。窪塚が育児に熱心な様子は、妻であるレゲエダンサーのPINKY(35)のブログからも伝わってくる。今年6月に長女が1才を迎えると、「お父さんは育児を率先して楽しんでくれて、お兄ちゃんは妹を可愛がってくれて、皆んな本当に本当にありがとう」と綴り、長女の成長を見守る温かい家庭の様子がうかがえた。



トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい