【ドラフト会議】西武、ソフトバンク、日本ハムが本当に必要な選手は…【西尾典文】

西尾典文dot.
 きょう25日に開かれるプロ野球ドラフト会議。今年も大阪桐蔭・根尾昂や金足農・吉田輝星をはじめ、球界の未来を担う逸材が揃っている。では、いったい各球団はどんな選手を獲得すればいいだろうか。野球ライターの西尾典文氏に過去の傾向も踏まえて、12球団の「おすすめ選手」を分析してもらった。今回はパ・リーグの上位3球団の総集編だ。

【ランキング】こんなにも差が…ソフトバンクvs.日本ハム 出場登録全選手年俸ランキングはこちら

*  *  *
【北海道日本ハムファイターズ】
●根尾昂の「二刀流」を試すなら、やはり最適な球団だ

 昨年は5位に沈み、さらにそこから大谷翔平(エンゼルス)が抜けたものの、若手の底上げで見事にAクラスに返り咲いた日本ハム。スカウティングと育成で勝つ、という明確なビジョンを掲げ、主力が抜けても若手の抜擢で選手の新陳代謝を早めていることが過去10年で3度のリーグ優勝、7度のAクラスという安定した成績に繋がっている。

・過去10年支配下指名選手内訳
高校生投手:11人(主力:3人 戦力:1人)
高校生野手:24人(主力:4人 戦力:10人)
大学生・社会人投手:29人(主力:4人 戦力:14人)
大学生・社会人野手:7人(主力:1人 戦力:3人)

・過去10年上位指名選手内訳
高校生投手:3人(主力:1人 戦力:1人)
高校生野手:7人(主力:2人 戦力:4人)
大学生・社会人投手:8人(主力:1人 戦力:6人)
大学生・社会人野手:2人(主力:1人 戦力:1人)
※2011年1位の菅野智之、2016年6位の山口裕次郎は入団拒否のためカウントせず。2012年1位の大谷翔平は投手、野手両方としてカウント

・過去10年育成指名選手内訳
高校生投手:0人(主力:0人 戦力:0人)
高校生野手:0人(主力:0人 戦力:0人)
大学生・社会人投手:0人(主力:0人 戦力:0人)
大学生・社会人野手:0人(主力:0人 戦力:0人)

 ドラフトは1位でその年の一番良い選手を狙うという「ナンバーワン戦略」を徹底している。2011年は巨人志望の菅野に入団拒否され、2013年は3回、2015年と2016年は2回1位の抽選を外しているが、それでも方針がぶれることがない。その一貫した姿勢がスター選手の輩出が途絶えない要因であることは間違いないだろう。また、野手は高校生を中心に上位指名し、投手は即戦力でも大物に向かうという傾向もよく見て取れる。上位で指名した選手で戦力にならなかったケースが極めて少ない。下位指名からも多くの主力選手が育っていることも見事という他ない。


続きを読む

次ページ>

日本ハム、おすすめの選手は?

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック