【ドラフト2018】巨人は坂本勇人の「後継者」と高齢化した外野陣をどう補強するのか? (2/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

【ドラフト2018】巨人は坂本勇人の「後継者」と高齢化した外野陣をどう補強するのか?

このエントリーをはてなブックマークに追加
氏原英明dot.

大阪桐蔭・藤原恭大 (c)朝日新聞社

大阪桐蔭・藤原恭大 (c)朝日新聞社

 報道などでは根尾昂(大阪桐蔭)の指名に傾いていると聞くが、可能性がない話ではないだろう。2位以下なら、坂本と恩師が同じの増田陸(明秀日立)、あるいは藤田希和(福知山成美)なども候補になるが、FA市場をにらみながらの1位指名は思い切ってもいい。

 もちろん、投手陣を厚くしたいと考えるのも当然だろう。今季は外国人投手のケガで中継ぎ陣が機能しなかった。日本人投手で穴を埋めていくというのも検討に入れたい。大学生では先発・中継ぎもできる梅津晃大(東洋大)が一人目の候補であり、球速に持ち味のある東妻勇輔(日体大)もいい素材だ。社会人なら、荒西祐大(Honda熊本)、左腕では平尾奎太(Honda鈴鹿)なども、リリーバータイプとして指名リストに入れたい。

 また、将来性では、今夏の甲子園決勝で投げ合った二人、柿木蓮(大阪桐蔭)、吉田輝星(金足農)も指名候補に入って来る。ただ、2位以下に残っているかは微妙だ。(文・氏原英明)

●プロフィール
氏原英明
1977年、サンパウロ生まれ奈良育ち。地方新聞社勤務を経て、03年からフリーライター。夏の甲子園は03年から大会をすべて観戦取材するなど、アマチュア野球に精通。現在のプロ野球選手のアマチュア時代を知る強さを生かし、プロの現場でも成長ぶりを追いかける。一方、最近では個性がどう生かされているかをプロアマを問わず観戦の主眼に置いている。近著には「甲子園という病」 (新潮新書)がある。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい