楽天がドラフトで狙うべき選手は根尾でも吉田でもない【西尾典文】 (2/3) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

楽天がドラフトで狙うべき選手は根尾でも吉田でもない【西尾典文】

このエントリーをはてなブックマークに追加
西尾典文dot.
大阪桐蔭・藤原恭大 (c)朝日新聞社

大阪桐蔭・藤原恭大 (c)朝日新聞社

・楽天おすすめ指名選手
1位:藤原恭大(大阪桐蔭・外野手)
2位:東妻勇輔(日本体育大・投手)
3位:高橋優貴(八戸学院大・投手)
4位:荒西祐大(Honda熊本・投手)
5位:柘植世那(Honda鈴鹿・捕手)

 報道では根尾昂(大阪桐蔭)を中心に検討していると言われており、地元東北のスターである吉田輝星(金足農)を推す意見も多いが、あえて藤原を1位とした。田中和基もオコエ瑠偉もいるじゃないかという声が聞こえてきそうだが、この二人以外に今後の成長が見込める若手外野手は見当たらないのが現状だ。

 一方の内野手は茂木、内田以外にも今後が楽しみな若手の絶対数が多く、無理に上位で大物を獲得する必要性は感じられない。藤原はもともと1番を打つことが多かったが長打力も高校生ではトップクラスのものがあり、将来中軸を任せられるポテンシャルを秘めている。これまでのチームに足りなかった高校卒で長くレギュラーを任せられる選手という意味では間違いなくナンバーワンの候補と言えるだろう。センターに藤原が収まり、その両脇を田中和基とオコエが固める。そんな布陣となれば12球団でナンバーワンの外野陣となることも決して夢ではないだろう。

 2位以下では異なるタイプの3投手を並べたが、共通しているところはボールに強さがあるという点だ。東妻は大学球界でも屈指の本格派右腕。170㎝と小柄だがフォームの躍動感は尋常ではなく、150キロを超えるストレートは威力十分。昨年秋のリーグ戦ではノーヒットノーランも達成しているが、プロではリリーフタイプのように見える。威力のあるストレートで押して追い込むことができ、手元で鋭く大きく変化するスライダーは空振りを奪える必殺のボール。昨年秋の明治神宮大会ではワンアウト満塁から始まるタイブレークで、狙って連続三振を奪うなど見事なピッチングを見せてチームの日本一にも大きく貢献した。手薄なリリーフ陣を補うにはうってつけの存在だ。



トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい