カンニング竹山が“ガチ喧嘩”で放送事故の真相を告白「めちゃくちゃ説教した」

連載「言わせてもらいますけどね!」

テレビもネット上の動画も「エンターテインメントはほとんどがヤラセ」とカンニング竹山さんは指摘する(※写真はイメージ)
拡大写真

テレビもネット上の動画も「エンターテ...

 お笑い芸人のカンニング竹山さんがAbemaTVの生放送中に、プライベートでも付き合いの深い後輩芸人、スパローズの大和一孝さんとガチで喧嘩したと話題になった。番組冒頭で「竹山さんに言いたいことがあるんですが」と切り出した大和さんは、日頃の不満を爆発させ、竹山さんは「もう帰っていいよ」と応戦。しかし、この番組の本編よりも、一部を切り取られたネット動画がバズる事態に。竹山さんは「これっておかしくないですか?」と異議を唱える。

*  *  *
 AbemaTVの番組(「カンニング竹山の土曜The NIGHT」)で、ガチ喧嘩をしたってニュースになっていましたが、特にネットはそういうの好きですよね。でも誰かが勝手に編集した動画が、YouTubeで200万再生とかになってるの、おかしくないですか?

 あの番組は僕がやりたいテーマで話すこともあるし、スタッフさんが提案することも、事前の告知で「あ、今週これやるんだ」って知ることもある。ある程度任せているから、こないだみたいに急に大和がワーワー言うようなことも起こるんですよ。後でめちゃくちゃ説教しましたけど、本人は先輩を批判したら面白くなると思ったらしいんですが、実際に始めてみたら焦っちゃってどうすりゃいいかわかんなくなったらしい。

 大和は番組中に一度席を外したけど、最後に戻ってきて、それを説明して謝っているんですよね。翌週からもみんなでゲラゲラ笑いながら収録やってるし、こないだだって一緒に福島旅行にも行ってきました。最後までちゃんと見てたらわかるのに、オープニングのところだけを切り取られた動画だけを見て、いまだに「竹山が悪い」「大和が悪い」「あの2人は仲直りしたのか?」とか、どーたらこーたら……。あれ9月中旬でしょ、もう何週前の話よ?

 動画がバズると、よくコメント欄に「これはガチだ」とか「ヤラセだ」とか書かれますが、今回の件で言うと、ヤラセじゃないですよ。大和が勝手に話し始めたわけだから。裏で何が起きていたかというと、大和が「竹山さんに言いたいことがあるんですけど」って番組演出に話して、「いいね」ってなったみたいなんですけど、実際やってみると笑いにもならないし、ネタになってなかったという話なんですよ。「竹山さんに怒ってるんです」っていう話を仕掛けてくるなら、ノープランじゃダメでしょ。ここまで来たらちょっと引いて自分を可愛く見せておこうとか、僕だったらメガネを触られたりしてちょっとシュンとなって「悪かった」って言い始めるとか、何となくオチを考えてスタートするわけです。そういう意味でネタを繰ってなかったってことなんです。本人も勉強になったんじゃないですかね。

次ページ>

ガチ喧嘩と放送事故がウケる理由

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック