ノーベル賞に圧倒的強さを見せる大学は!? 受賞者出身校ランキング! (2/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ノーベル賞に圧倒的強さを見せる大学は!? 受賞者出身校ランキング!

このエントリーをはてなブックマークに追加
小林哲夫dot.
記者会見で笑顔を見せる京大の本庶佑特別教授(c)朝日新聞社

記者会見で笑顔を見せる京大の本庶佑特別教授(c)朝日新聞社

 名古屋大総長の松尾清一氏は次のように話す。

「古いしきたりやしがらみにとらわれず、教員同士、教員と学生の関係もとてもフラットである。ベテラン教員のもと、若い人たちが自由にのびのびと研究に打ち込み、議論する文化が生まれ、今日まで脈々と受け継がれている」(『大学ランキング 2016』)

 学部卒業は、すべて国立大学である。大学院出身となると公立の大阪市立大、私立の東京理科大がようやく顔を出した。

 そして、ノーベル賞学者が専任教員として所属した大学である。北里大、東海大、京都産業大、岡山理科大、倉敷芸術科学大などは、ノーベル賞学者を招聘していたということについて高く評価されていい。この点、加計学園(岡山理科大)は立派だった。

 学長経験者は朝永振一郎氏の東京教育大(現・筑波大)。江崎玲於奈氏の筑波大、芝浦工業大、横浜薬科大。

■ノーベル賞学者の出身高校(旧制中学は継承する高校、卒業した高校を集計。◎は私立、◯は国立、無印は公立)

<北海道、東北> 苫小牧東(北海道)

<関東> 川越(埼玉)、日比谷(東京)、湘南、横須賀(以上、神奈川)

<北陸、甲信越> 富山中部(富山)、藤島(福井)、韮崎(山梨)

<東海> 飛騨高山(岐阜)、浜松西(静岡)、明和、名古屋市立向陽(以上、愛知)

<関西> 洛北、◎同志社(以上、京都)、◯大阪教育大学附属高天王寺校舎、今宮(以上、大阪)、◎灘(兵庫)

<中国、四国> 宇部(山口)、大洲(愛媛)

<九州> 福岡(福岡)、諫早(長崎)、甲南(鹿児島)

 京都府立洛北高校(府立京都第一中学校)が2人。湯川秀樹氏、朝永振一郎氏である。ほかはすべて1人だけだ。歴代のノーベル賞学者らが高校(旧制中学を含む)に通っていたのは、1910年代から80年代。長きにわたって公立高校が圧倒的に強かった。平成から次の時代に変わろうとするいま、そろそろ開成、麻布、武蔵からノーベル賞受賞者が出てきてもおかしくないだろう。

 朝日新聞出版『大学ランキング』では94年の創刊以来、ノーベル賞学者に多く登場してもらった。江崎玲於奈、白川英樹、小柴昌俊、鈴木章、益川敏英、山中伸弥の6氏である。彼らの珠玉のひとことを紹介しよう(カッコ内は『大学ランキング』の◯◯年版)。

●江崎玲於奈 「大学が学生に対して、どれくらい意欲を持たせ、能力を引き出す手助けができ、たくさんの付加価値をつけられたかのランキングがあってもいい」(1998年版)

●小柴昌俊 「科学には未知の世界を解明し、人類に新たな知識をもたらすという重要な役割があります」(2004年版)

●白川英樹 「研究者が社会還元を意識するようになることが、大学を開かれたものにするための第一歩だと思います」(2004年版)

●山中伸弥 「研究環境については、自分の持ち場が、一つのフロアで密室に近い状態よりも、いつでも声をかけられるように区切られる壁が少ないほうが理想的である。すぐにディスカッションができて、アイデアが浮かびやすいからだ」(2009年版。山中氏がノーベル賞受賞以前)

●鈴木章 「研究者養成において、大学院生などをあまり管理しないで、自由に実験などに取り組んでもらったほうがいいと考えている」(2012年版)

●益川敏英 「若い研究者に望むのは、もっと覇気を持つことだ。部屋に閉じこもるのではなく、研究テーマを仲間と朝まで語り合うほど、熱くなってほしい。そこから新しいアイデアがどんどん出てきて、夢やロマンを抱ける」(2012年版)

(文/小林哲夫・教育ジャーナリスト)


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい