メジャーリーグで“巨万の富”を築く代理人 選手を上回る「超高額報酬」も…【杉山貴宏】 (3/3) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

メジャーリーグで“巨万の富”を築く代理人 選手を上回る「超高額報酬」も…【杉山貴宏】

このエントリーをはてなブックマークに追加
杉山貴宏dot.
メジャーリーグで大きな影響力を持つスコット・ボラス氏(写真:getty Images)

メジャーリーグで大きな影響力を持つスコット・ボラス氏(写真:getty Images)

 そのため、昨オフはダルビッシュ有をはじめとした大物FAの去就がなかなか決まらなかった。ボラス氏のクライアントの1人であるマイク・ムスタカスなどはロイヤルズからの年俸1740万ドルのクオリファイング・オファー(大物FA引き留めを狙って出されるオファー。これを破棄した選手を獲得したチームは旧所属先にドラフト指名権を譲渡する義務が発生する)を蹴ってFAとなったものの、最終的には大型契約を結べず年俸650万ドルの1年契約でロイヤルズに出戻らざるをえなかった。

 こうした状況にはボラス氏ら代理人たちも怒り心頭で、球団側の姿勢を厳しく批判した。もっとも、昨オフの冷え込みはブライス・ハーパー(ナショナルズ)など多くの大物選手がFAとなる今オフをにらんでのものとの見方もあり、それが事実なら今オフのストーブリーグは再び活気づくだろう。ちなみに、ハーパーの代理人もボラス氏であり、その新契約は総額3億2500万ドルの13年契約というメジャー史上最大の契約で昨オフにマーリンズからヤンキースへ移籍したジャンカルロ・スタントンのそれを凌駕するともいわれている。ボラス氏が辣腕を振るうのは確実で、ファンの度肝を抜くような大型契約がまたしてもみられるはずだ。(文・杉山貴宏)


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい