まさかの決勝敗北 大坂なおみ代わってトンカツ食べる便乗芸人まで登場 (2/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

まさかの決勝敗北 大坂なおみ代わってトンカツ食べる便乗芸人まで登場

このエントリーをはてなブックマークに追加
福井しほdot.
決勝戦終了後に記者会見に応じた大坂なおみ選手(撮影/福井しほ)

決勝戦終了後に記者会見に応じた大坂なおみ選手(撮影/福井しほ)

トロフィーとカツカレーを持って撮影に応じた太坂なおみさん(撮影/福井しほ)

トロフィーとカツカレーを持って撮影に応じた太坂なおみさん(撮影/福井しほ)

「2枚持っている人が声をかけてくれて何とか入れました。新幹線サーブ、速かった。ただ相手もめちゃくちゃすごかったですね。ラインギリギリを攻めるし、初めてだけどとんでもない試合だった」

 と興奮気味に語った。

 大坂選手のものまねといえば「小坂なおみ」も忘れてはいけない。<155センチ、小柄で小太り>が特徴だ。2017年のR-1ぐらんぷりに大坂選手のものまねで挑むも初戦で敗退しているが、今や各メディアに引っ張りだこに。ツイッターのフォロワーも急増したという。

 惜しくも優勝は逃したが、対戦相手のプリスコバ選手が大坂選手を「未来の明るい選手」と評したことには変わりない。ものまね芸人たちも、まだまだ活躍できる?(AERA dot.編集部・福井しほ)


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい