ユーミンに「浮足立つなよ」と松任谷正隆が忠告した意味とは?

連載「LOVE YOU LIVE!」

神舘和典dot.
ステージの下手側でバンドマスターを務め、キーボードを演奏した松任谷正隆。「夕涼み」のイントロで弾いたローズピアノのインプロビゼーションには、色鮮やかだからこそ悲しくもなる夏の切なさがにじんだ。(Photo by seitaro Tanaka)
拡大写真

ステージの下手側でバンドマスターを務...

「必ずかっこよくする。オレを信じろ」

 そう言って松任谷正隆はユーミンをステージに送り出した。

 8月5日、国営ひたち海浜公園で開催された「ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2018」で、ユーミンは初めて夏フェスのステージを踏んだ。

【写真】バンドマスターを務め、キーボードを演奏した松任谷正隆

「ほかのアーティストではできない、由実さんだからこその在り方を示したかった」

 そう考えた松任谷が決めたユーミンの衣装はショートパンツにバッファローチェックのシャツ。その下はタンクトップ。そして、テンガロンハット(写真参照)。

「あの“カウガール”のスタイルは、フランシス・コッポラがベトナム戦争の狂気を描いた映画『地獄の黙示録』がヒントになりました。プレイメイトが慰問で、ヘリコプターから戦場に降りてきて踊るシーンがあるでしょ。あのイメージ」(松任谷)

 その松任谷のアイディアに乗ったユーミンはハイテンションでステージに飛び出した。

「発想のもとが『地獄の黙示録』と言われたので、群衆を挑発する気持ちでステージに上がりました。ストッキングをはいて夏フェスのステージに登場したらしらけるでしょ? だから、生足。日ごろからエクササイズしているので。私としては、侍が刀を抜いたような気持ちかな。デビューして45年間、私はさまざまなアイコニックなファッションでステージに立ってきました。トレンチコート、60’sファッション、イヴ・サン=ローラン……。マタドールやフラガールも。カウガールはその中の1つです。私が今までにトライしていないのは、寅さんスタイルくらいでしょう。9月にスタートする自分のツアーでも、ありとあらゆる、色とりどりの衣装をご披露します」(ユーミン)

 カウガールのスタイルでユーミンが登場すると、ステージ前に集まった群衆がウオォー! とうなりを上げた。

 約5万人の観客を笑顔で見まわすユーミン。その姿に、ローリング・ストーンズのヴォーカリスト、ミック・ジャガーが重なった。ミック・ジャガーもユーミンも、目の前の群衆のパワーをそのまま自分のエネルギーにしてしまう。だから、用意された舞台のスケールが大きければ大きいほど、存在感が増し、力を発揮する。

続きを読む

次ページ>

松任谷さんからは、浮足立つなよ、と言われていたけれど…

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック