2児の母、篠原涼子のプライベートに異変? 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

2児の母、篠原涼子のプライベートに異変?

このエントリーをはてなブックマークに追加
平田昇二dot.

 女優・篠原涼子(44)のプライベートが何かと注目を集めている。

 事の発端は、先月から今月にかけて「女性セブン」が報じた記事だ。

 同誌は7月19・26日号で、篠原が6月下旬の夜に都内にある焼き鳥店の個室で、“年下イケメン”2人と会食する姿をキャッチ。

 さらに、8月9日号では、自身の初主演舞台「アンナ・クリスティ」の休演日前の7月中旬に都内の焼き肉店からバーをハシゴし、バーの個室でママ友と合流して深夜2時過ぎまで痛飲している様子を伝えている。

 篠原は05年12月に市村と結婚。

 “おしどり夫婦”としても知られて、08年、12年と2人の男児を出産して現在の2児のママでもある。

 そんな中、同誌の報道を受ける形で8月5日、「日刊ゲンダイDIGITAL」が、篠原が夫で俳優の市村正親(69)と夫婦関係が上手くいっておらず、「水面下で弁護士を立てて、子供の親権などの話し合いに入る準備を始めている」との市村家に近い関係者のコメントを紹介する記事を掲載した。

 民放テレビ局の情報番組の芸能デスクはこう語る。

「篠原さんに関しては、去年くらいから自宅近くのバーなどで深夜まで飲んでいるといった情報や今年に入ってマネジャーとは別に若い男性の付き人を雇ったといった噂を耳にしたりもしていました。会見などメディアの取材に応じる際には以前ほど夫の話題に触れない一方、仕事面ではタブー視されていた『東京パフォーマンスドール』時代の話に自ら密着番組で言及したり、疎遠になっていた歌手時代の恩人の小室哲哉さんとコラボするなど、最近は新たな動きも見せており、『何かあるのかな?』と注目はしていました」

 とはいえ、今回の夕刊紙による“離婚危機” 報道はさすがに寝耳に水だったそうだ…。

「以前にはドラマで共演した江口洋介さんとの“個室焼肉密会”が女性誌で報じられたこともありましたが、その際もお相手の江口さんが奥さんの森高千里さんといまだにラブラブということもあり、単なる息抜きという見方が業界内では大方でした。深夜のバー通いも自宅近くということもあり、仕事の多忙さや育児で抱えたストレス発散程度に思っていたのですが…」(芸能評論家の三杉武)

 突然降ってわいた篠原の離婚危機報道だが、果たして真相やいかに!?(平田昇二)


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい