「ZOZO」前澤社長に買収してほしい球団は? ロッテ、中日、それとも…

dot.sportsdot.
 突然の表明だった。7月17日、ファッション通販サイト「ZOZOTOWN」を運営するスタートトゥデイの前澤友作社長が、自身のツイッターで「大きな願望」と前置きした上で「プロ野球球団を持ちたいです。球団経営を通して、ファンや選手や地域の皆さまの笑顔を増やしたい。みんなで作り上げる参加型の野球球団にしたい」とツイート。この“つぶやき”は瞬く間に世間を駆け巡り、すぐさま大きな反響に包まれた。

 方法は2つ。「新球団を立ち上げる」、もしくは「既存の球団を買収する」である。ポストシーズンの盛り上がり、野球の底辺拡大などを考えれば、セ・パ両リーグを東西地区に分ける『16球団構想』が一つの理想形なのかも知れないが、そのためには新たに「ZOZO球団」を含めて4球団を誕生させなければならない。具体的な本拠地候補に、静岡、新潟、愛媛、沖縄などの“空白都市”が挙がっており、それ自体は非常に魅力的なプランではあるが、実現のためにはまだまだ時間、そして前澤氏以外の協力、野心家の登場が求められる。

 “早急に”となれば、やはり「球団買収」である。前澤氏は自身の出身地である千葉に対する地元愛が強い。スタートトゥデイ社を千葉市美浜区に構え、16年12月にはマリンスタジアムの命名権を獲得して「ZOZOマリンスタジアム」とした実績もある。前澤氏の本命は「千葉ロッテ球団の買収」であろう。すでにチームには迫力満点の応援を繰り広げる熱狂的なファンがおり、ここのチーム強化に意欲的な前澤氏の資金力が加われば、常勝軍団への変貌を遂げることも可能。球場最寄りのJR海浜幕張駅には、アウトレットなどのショッピングモールやホテル、レストランなどが集まっており、「ZOZO球団」の誕生によって野球とファッションを融合させ、さらなる“オシャレスポット”、“ファッション発信地”として、オンライン上ではなく、実在としての「ZOZOタウン」を作り上げることも可能になる。


続きを読む

次ページ>

ヤクルトも候補か?

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック