水野美紀 出産直後、我が子を見た第一声が「やだ!」だった理由

連載「子育て奮闘記「余力ゼロで生きてます」」

イラスト:唐橋充
拡大写真

イラスト:唐橋充

 42歳で電撃結婚、翌年には高齢出産。激動2年を経た女優・水野美紀さんが、“母性”ホルモンに振り回され、育児に奮闘する日々を開けっぴろげにつづった連載「余力ゼロで生きてます」。第3回はいよいよ陣痛からの出産へ。「地獄」のような痛みと戦った末にもよおした便意がまさかの……。

【生まれたてのわが子の姿はこちら】

*  *  *
 人間の脳は、辛い記憶を「忘れる」機能を持っている。

 辛い記憶だけでなく、必要な記憶、必要でない記憶、それらを勝手に精査して、デリートする。

 忘れられるから生きていける。

「忘れる」というのは人間にとってとても大事な能力の一つなのである、と昔何かで読んだ。

 私のあの日の記憶も、いささかぼんやりとして、断片的である。

 陣痛がなかなか強くならないので、「陣痛促進剤」を使用することになり、テキパキと準備が整えられた。

 私は和室に敷かれた布団の上に横になっていた。

 天井からは産み紐がぶら下がっている。

 紐といっても、かなり幅広の長い布が輪になってぶら下がっているのだ。

 点滴の準備が整い、促進剤が投入された。


続きを読む

次ページ>

陣痛の三段階とは?

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック