佐野元春が明かす「あらたまって作詞の時間を作らない理由」

連載「LOVE YOU LIVE!」

神舘和典dot.#神舘和典

2017年に「新・佐野元春宣言」をアナウンス。... (16:00)dot.

2017年に「新・佐野元春宣言」をアナウンス。... (16:00)dot.
 佐野元春が“佐野元春 & THE HOBO KING BAND”名義で『自由の岸辺』をリリースした。佐野自身の曲を新アレンジで録音したアルバムだ。「ハッピーエンド」「ブルーの見解」など11曲収録。中でも「ナポレオンフィッシュと泳ぐ日」は圧倒的だ。オリジナルはロック。今回はジャズのテイスト。手練れのミュージシャンだからこそ、ギターのカッティングも、ドラムスのハイハットも、フルートの響きも、1音1音が心地よい。

【写真】『自由の岸辺』のジャケットとライブの写真はこちら

「僕は今、2つのバンドで活動をしています。モダンロックをやるときはコヨーテ・バンド。ルーツロックのときはザ・ホーボー・キング・バンドです。なぜ2つのバンドが必要なの? よく訊かれます。デビューしてまもなく40年になります。ロック、ブルース、ジャズ、レゲエ……。いろいろな音楽をやってきました。音楽の表現の幅はどんどん広がってきました。1つのバンドでは表現しきれなくなってきたんです」

 ライヴも、アリーナ、ホール、ライヴハウス……、いくつものスタイルで行っている。

「東京の六本木にビルボードライブ東京があります。ここでやるときは、ザ・ホーボー・キング・バンドで、自分の曲をさまざまなアレンジで演奏します。その中で特に気持ちよくやれた曲、客席からいい波動をもらった曲を『自由の岸辺』に収録しました」

 日本のミュージシャンの多くは、レコーディングとツアーは別のメンバーで行う。CDは技術もギャラも高いミュージシャン。長期にわたるツアーはスケジュールを押さえやすいミュージシャン。しかし、佐野はレコーディングメンバーそのままでライヴも行う。

「バンド・スタイルが好きだからです。メンバーにはシンガーソングライターである僕といつも同じ方向を見ていてほしい。同じ気持ちを共有してほしい。それが音楽の質を上げるからです。客席の反応をメンバー全員が感じ、音楽をアップデイトして、次の作品に反映させます。僕たちの音楽が素晴らしいか。そうでないのか。答えのすべてはライヴにあります」

 この5年ほどは特に佐野の活動は活発だ。2つのバンドでコンスタントに新作を発表し、それぞれのライヴも行っている。60代を迎えてなお、佐野の容貌も若々しくなっている。

続きを読む

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック