阿部寛、「変人エピソード」と不遇な時代を乗り越えた“苦労話”

高梨歩dot.
 俳優の阿部寛(53)が5月18日、主演映画『のみとり侍』(鶴橋康夫監督)の初日舞台あいさつに出席した。小松重男の短編小説をもとにした本作で、阿部が扮するのは猫の蚤(のみ)取りを生業としながら、裏では女性へ愛の奉仕をする江戸時代の侍・小林寛之進。たった1回の失言で左遷された「エリート藩士」の苦闘をコミカルに演じる阿部は、作品の見どころについて、山村紅葉(57)との濃厚なラブシーンを挙げ、「つま先までピーンと伸び切って、見ていただければわかる通り、芝居を忘れていました」と会場の笑いを誘っていた。

 昨年、役者デビュー30周年を迎えた阿部。ファッション誌の人気モデルを経て、コメディーからシリアスな作品まで、どんな役にもハマる実力派俳優となった彼はその演技力と同様に、好感度も群を抜いている。「好きな俳優ランキング」(週刊文春)では、ここ数年2位を堅守。「タレントパワーランキング2018」(日経エンタテインメント!)の男優部門でも、人気俳優やアイドルたちを抑え、堂々の1位を獲得している。彼がここまで好かれる理由とはいったいどこにあるのだろうか?

「彫りの深い顔立ちで高身長。モテ要素満載の阿部さんは、2枚目も3枚目もいける演技力に加え、実は数々のおもしろエピソードを持っています。『あのイケメンが……!?』といったギャップにやられる人が男女を問わず多いようです。先日、出演したバラエティー番組では、変装が苦手なので、『背が低く見える裏技を使う』と明かしました。ひざや腰など、体のいろいろなところを曲げ、身長差が9センチほどある共演者とほぼ同じ目線になることに成功したのですが、共演者たちから『すごい!』と驚きの声が上がり、ネットでも話題となりました。別の番組では、風邪がうつりやすいため、咳をしている人に遭遇すると息を止めるようにしているという何とも天然なエピソードも飛び出しました。そのほかにも加湿器を9台、ベッドを5台持っていることや、『あっち向いてホイ』が弱いことも判明。独特の阿部ワールドが全開となり、スタジオは驚愕と爆笑に包まれていました」(テレビ情報誌の編集者)


続きを読む

次ページ>

ちゃめっ気も魅力のひとつ

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック