日大アメフト選手が明かす内田監督への“クーデター計画” (1/3) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

日大アメフト選手が明かす内田監督への“クーデター計画”

このエントリーをはてなブックマークに追加
dot.#日大

日大の内田正人監督 (c)朝日新聞社

日大の内田正人監督 (c)朝日新聞社

日大の選手(右端)が、関学大のクオーターバック(右から2人目)を背後からタックル(動画より切り出し/動画提供=関西学院大学)

日大の選手(右端)が、関学大のクオーターバック(右から2人目)を背後からタックル(動画より切り出し/動画提供=関西学院大学)

 アメリカンフットボールでは、日本を代表する関西学院大学と日本大学。だが、5月6日に行われた両校の定期戦をきっかけに、大揺れに揺れているのだ。発端は、ゲーム開始から間もない時間だった。

【写真】衝撃!問題となった背後からのタックルの瞬間

 関学の攻撃で、クオーターバックの選手がパスを投げたが、失敗。選手は、天を見上げた瞬間、日大のディフェンスの選手がクオーターバックの選手の背後から、強烈なタックルした。 クオーターバックの選手は、もんどりうって倒れ、全治3週間のケガを負った。

 その後も、日大のディフェンスの選手はラフプレーを連発。最後は、関学の選手に殴りかかり、退場処分となった。関学は日大に抗議文を出し、15日に日大からの回答を受け取ったとして関学は17日、記者会見を開いた。

「今回のプレー、非常に悪質だ。責任者が直接謝罪するのが筋。汚い、反則プレー、相手を故意に傷つけるということはやるなと指導するのが当たり前だ」

 会見に出席した関学の鳥内秀晃監督はこう激怒した。さらに日大が出した回答が関学側の怒りに火をつけた。

<意図的な乱暴行為を行うこと等を選手へ教えることは全くございません>

<弊部の指導方針は、ルールに基づいた「厳しさ」を求めるものでありますが、今回、指導者による指導と選手の受け取り方に乖離(かいり)が起きていたことが問題の本質と認識しており、指導方法に関し、深く反省しております>

 この回答は選手が監督の指導を理解せずに勝手にあのような、危ないプレーに走ったともとれる。



トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加